関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
米国株

過去10年のデータにリーマンショックのときの情報が入ってくるようになって思うこと

subprime-crisis-10y-20170919.jpg

ブログ開始から3年半経過しておりますが、当ブログがブログ開始のころからちょくちょく過去10年のデータを載せております。

過去のデータがそのまま当てはまるわけではありませんが、こういう傾向があるということを事前に把握しておくことや、意識しておくことで違いがありますし、調子が良くて有頂天状態にならないためのストッパー役になると考えて、投資をする上でも参考にしています。

競馬に関してもともとデータ重視でしたので、この影響で過去実績を重視するのが性に合うのもあるかもしれません。

そんな過去10年のデータがとうとうリーマンショックの時期を含むようになってきたんですね。

2008年9月15日にリーマン・ブラザーズが破綻したので、9年前じゃないかという話なのですが、その前に起こったフランスの世界有数の金融グループの一つであるBNPパリバを発端とするサブプライム問題の出来事は、2007年の7月とか8月になりますので、厳密に言うと10年経過してます。

過去10年のデータにリーマンショックの期間が含まれるようになったので、これくらい下がったところから回復したのかと思うと同時に、ニューヨークダウが再び最高値を更新したからこそ、①最高値の現状、②トランプについて、③今後の投資方針について考える機会となりました。

スポンサードリンク
ウィズダムツリー

最近好調な新興国株式に高配当戦略は有効かウィズダムツリーのETFで確認してみた

wisdomtree-etf.jpg

毎月1回のポートフォリオ内の各資産の集計をやっていてここ数カ月とくに好調さが目立っているのが新興国株式です。

ヘッジファンドの帝王レイ・ダリオなんかもポートフォリオが新興国株式に偏重していますし。

参考記事:レイ・ダリオのように新興国株式に偏重したポートフォリオのパフォーマンスを調べてみた

そんな、新興国株式が好調な中で、新興国株式+配当といった面でパフォーマンスはどうなんだろうかと考えました。

新興国株式+配当というと、株式投資 第4版で有名なジェレミー・シーゲルがアドバイザーをしている、ウィズダムツリーのETFがあります。

ウィズダムツリーのETFまとめ記事:米国ETF売買手数料無料「ゼロETF」対象のウィズダムツリーETFについて、メリットやおもしろいと思うETFをまとめてみた


    ウィズダムツリー新興国小型株配当ファンド(ティッカー:DGS) 経費率:0.63%
    ウィズダムツリー新興国株高配当ファンド(ティッカー:DEM) 経費率:0.63%
    ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(ティッカー:DGRE) 経費率:0.32%
※DGREは最近コストダウンしました(コストが半分になったウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE))。

分配金利回りはDGSが4%台、DEMが3%台で、DGREも2.7%程度と高めです。では、実際新興国株式の配当戦略は有効なのか確認してみました。

スポンサードリンク
バンガードETF

素材セクターが気になったので、バンガード米国素材セクターETF(VAW)について調べてみた

vanguard-sozeisector-VAW-20170917.jpg

投資をするようになって6年以上経過しましたが、投資をするようになってもこんな企業あったんだということもしばしば。

投資をする前はそれで終わりなんですが、この企業どうなんだろ?と多少なりとも調べるようにはなりました。私の知識が足らないのもありますが、こういう気づきを大切にできるようにしたいと考えますね。

ちょうど、東洋経済新報社のメディア編集委員の田宮寛之氏がいろんな企業を見て回ったのまとめた、業界地図の見方が変わる! 無名でもすごい超優良企業 を読んでいたのですが、その中で気になったのが素材系の企業です。

関連記事:新しいニッポンの業界地図 みんなが知らない超優良企業を読んで

木材やカーボンナノチューブに関する企業が取り上げられていて、地味なセクターですがそれなりに面白そうだなと考えました。

関連記事:バンガードのVTIと組み合わせるにはどのETFが最適か?米国セクター別編

VTIとバンガードの米国株セクターETFを50:50で組み合わせたポートフォリオで、過去12年のパフォーマンスを見てみましたが、公益事業セクターやエネルギーセクター、金融セクターを上回りまずまずのリターンです。

米国の素材セクター企業ってどうなんだろうと気になったので、バンガード米国素材セクターETF(VAW)について調べてみました。

スポンサードリンク