関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > タグ: チャーリー・マンガー
投資関連本

バフェットの右腕マンガーの投資哲学、思考とは?マンガーの投資術を読んで

Munger-toushijyutu-20171013.jpg

読書が趣味の一つとなっておりますが、どうやって本を探すかというと、①売れているか、②twitter上で話題に上がっている本を調べて、よさげならば買う or 図書館という感じです。

中にはこの著者とタイトルどうなんだろ?と思ってgoogleで調べてみることもあります。ただ、調べてこいつぶっ飛んでる的なものはすでに①と②でフィルターかけてるのでなかなかないものですが。

さて、先月これは読みたいとタイトルだけ見て即決購入したのが、マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉――富の追求、ビジネス、処世についてです。

ウォーレン・バフェットの右腕で、バークシャー・ハザウェイの副会長チャーリー・マンガーの言葉をもとに、著者のデビッド・クラークが投資哲学や思考をまとめたものです。

基本的な構成は、マンガーの言葉→解説という感じで構成されていて、巻末に山崎元氏の解説が載っています。

詳細な発言や、投資の際のチェックリスト等に関しては完全なる投資家の頭の中──マンガーとバフェットの議事録 (ウィザードブックシリーズ)のほうがバフェットの部分と混在しているとはいえ多い印象でした。

関連記事 >> 完全なる投資家の頭の中を読んで

ただ、評判にたがわぬ本だという感想です。パンローリングが出すバークシャーの本とは一味違う感じでしたし。

個人的には3点ほど強く印象に残りました。

スポンサードリンク
投資関連本

完全なる投資家の頭の中を読んで

ウォーレン・バフェット関連の書籍は1度読んだことがありますが、その参謀的存在のチャーリー・マンガーについては読んだことが無かったなと思っていました。

ちょうどパンローリングの書籍でマンガーについて書かれた本がでておりましたので、購入して読んでみました。

マンガーの講習会やバークシャーハサウェイの株主総会の言葉をまとめた本になっています。形式的にはハワード・マークスの投資で一番大切な20の教えとか、マーケットの魔術師 エッセンシャル版に近い感じがしました。

バフェットの参謀とはいえ、マンガーは別視点でスパイスを加えている印象で、マンガーの視点や考え方を吸収することは有意義だと考えます。

この本を読んでいますとバフェット、マンガーはグレアムやフィッシャーに影響を受けていることがよくわかります。この2人の書籍に関しても近々読んでみた方がいいのかなとも考えている次第です。

さて、特に印象に残ったのは以下ですね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。