関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > タグ: 山崎元
投資関連本

バフェットの右腕マンガーの投資哲学、思考とは?マンガーの投資術を読んで

Munger-toushijyutu-20171013.jpg

読書が趣味の一つとなっておりますが、どうやって本を探すかというと、①売れているか、②twitter上で話題に上がっている本を調べて、よさげならば買う or 図書館という感じです。

中にはこの著者とタイトルどうなんだろ?と思ってgoogleで調べてみることもあります。ただ、調べてこいつぶっ飛んでる的なものはすでに①と②でフィルターかけてるのでなかなかないものですが。

さて、先月これは読みたいとタイトルだけ見て即決購入したのが、マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉――富の追求、ビジネス、処世についてです。

ウォーレン・バフェットの右腕で、バークシャー・ハザウェイの副会長チャーリー・マンガーの言葉をもとに、著者のデビッド・クラークが投資哲学や思考をまとめたものです。

基本的な構成は、マンガーの言葉→解説という感じで構成されていて、巻末に山崎元氏の解説が載っています。

詳細な発言や、投資の際のチェックリスト等に関しては完全なる投資家の頭の中──マンガーとバフェットの議事録 (ウィザードブックシリーズ)のほうがバフェットの部分と混在しているとはいえ多い印象でした。

関連記事 >> 完全なる投資家の頭の中を読んで

ただ、評判にたがわぬ本だという感想です。パンローリングが出すバークシャーの本とは一味違う感じでしたし。

個人的には3点ほど強く印象に残りました。

スポンサードリンク
読書

アラサーになって思う大学時代にやっておけばよかったと思うこと

todai-170125.jpg

会社に入社してみると色々と会社内での常識的なものがありますし、大学の時とは価値観が異なる人との接触する機会が増えますので色々と戸惑うことが多いものです。

幸運なことになんとか社会人としてアラサーまで生き残ることができました。逆に生き残れたことによって大学時代にこれやっておけばよかったと思うことがいくつかあります。

ちょうど学力の経済学(参考記事:子育てに役立つデータで子供を伸ばす学力の経済学とは)を読んで、小学校に入学する前の幼児教育の重要性とかを知ったわけですが、その後に読んだのが投資関連でおなじみ山崎元氏の以下の本です。

山崎氏といいますと投資関連の本が多数ですし、最近はTOKYO MXの番組でも提起的に出演するようになっていますが、この本は大学生活で「時間」と「努力」を何に投資・運用するかという本です。特に内容を気にせず買ってみたのですが一番読むべきは大学生1年~2年の人たちだと思いました。ただ、この本読んで大学の時にやっとけばよかったことについて考えさせられましたね。

スポンサードリンク
日記

参議院選挙の結果を見て思う。素直に褒めるところは褒める、失敗したら謝ること。

touhyoubako2.png

昨日参議院選挙が行われまして、与党が勝利という結果になりました。

yahooのトップページの広告で見たりしたのですが、3分の2取らせないといってもその先にあるのは国民投票ということを隠してスローガン的にしていて、何を変えるのかもいってないのにいい続けるのはなんだかなぁと思うわけです。

憲法とアベノミクスが争点と某大手新聞の選挙日当日に1面もあったのですが、このお題に対して野党は反対というだけでしたし、投資関連のブログとしてピックアップしますと、対案も年金運用を国債100%とか、配当税率拡大とか言っているわけです。

確定拠出年金を制度して取り入れる会社が増えている現状で、かつて与党だった政党がこんなこと言ってて若い人がいれるでしょうか?事前調査で10代~30台は70代以上を除いた世代より自民党への支持率が高かったのはそういう面もあると思いますよ。

後、金曜日出張中で飲み会後ホテルに帰ると石田純一出馬の話を見たのですが、正直野党共闘とか石田本人が直前に行ったせいで野党から逃げ出した票もそれなりに存在すると思いますよ。何たって胡散臭く埃でできているような人なんですから。

去年から今年にかけて新・映像の20世紀のシリーズが放送されたわけですが、あの映像は当然ナチスのインパクトが強いものの、アメリカと共産主義の負の面の比率が大きくなっています。あれを見た人たちが共産党と組む政党に投票するのか個人的には疑問ですけどね。

さて、参議院選挙で一人負けと言っていいのは間違いなく民進党でしょう。民進党という一度与党になりながら順調に旧社会党と同じ過程をたどっていっている政党を見ていて生活する上でもちゃんとした方がいいと思うことが2点あります。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。