関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > タグ: 新興国株式
ウィズダムツリー

最近好調な新興国株式に高配当戦略は有効かウィズダムツリーのETFで確認してみた

wisdomtree-etf.jpg

毎月1回のポートフォリオ内の各資産の集計をやっていてここ数カ月とくに好調さが目立っているのが新興国株式です。

ヘッジファンドの帝王レイ・ダリオなんかもポートフォリオが新興国株式に偏重していますし。

参考記事:レイ・ダリオのように新興国株式に偏重したポートフォリオのパフォーマンスを調べてみた

そんな、新興国株式が好調な中で、新興国株式+配当といった面でパフォーマンスはどうなんだろうかと考えました。

新興国株式+配当というと、株式投資 第4版で有名なジェレミー・シーゲルがアドバイザーをしている、ウィズダムツリーのETFがあります。

ウィズダムツリーのETFまとめ記事:米国ETF売買手数料無料「ゼロETF」対象のウィズダムツリーETFについて、メリットやおもしろいと思うETFをまとめてみた


    ウィズダムツリー新興国小型株配当ファンド(ティッカー:DGS) 経費率:0.63%
    ウィズダムツリー新興国株高配当ファンド(ティッカー:DEM) 経費率:0.63%
    ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(ティッカー:DGRE) 経費率:0.32%
※DGREは最近コストダウンしました(コストが半分になったウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE))。

分配金利回りはDGSが4%台、DEMが3%台で、DGREも2.7%程度と高めです。では、実際新興国株式の配当戦略は有効なのか確認してみました。

スポンサードリンク
海外ETF

新興国株式と新興国債券の相関性について海外ETFで調べてみた

emerging-kabusiki-saiken-20170909.jpg

米国の著名投資家レイ・ダリオのポートフォリオが、新興国株式の比率が高いということで、新興国株式に偏重したポートフォリオのパフォーマンスについて先日調べたのを記事にしました。

関連記事:レイ・ダリオのように新興国株式に偏重したポートフォリオのパフォーマンスを調べてみた

新興国株式のリーマンショックから現在までのパフォーマンスを見ますと、冴えていない状況なのですが、じゃあ新興国債券と組み合わせると多少は改善するんじゃないか?と思いついたんですね。

実際に長期で新興国株式と新興国債券の相関性って調べたこともなかったので、この際海外ETFでどうなのか調べてみようかなと。

ということで、新興国株式をバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(ティッカー:VWO)、新興国債券は以下の2つのETFを使って相関性を確認してみました。


  • バンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF(ティッカー:VWOB)
  • iシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF(ティッカー:EMB)

スポンサードリンク
海外ETF

レイ・ダリオのように新興国株式に偏重したポートフォリオのパフォーマンスを調べてみた

emerging-portfolio-20170902.jpg

ここ数日色々と立てこんでいる状況で水曜ぐらいまでに簡易的な更新がある日が発生する可能性が40%ぐらいあります。

正直、以下のことで回っていない状況で、木曜はサッカーの日本代表で盛り上がってしまいました。まぁ、4年に1度のことだからしょうがないんですけどね。


  • 夏期休暇で不在だからと押しつけられた仕事
  • 上記のせいで出張多発
  • 数日にわたる出張の前準備
  • 10月からの勤務体制変更に伴う対応(プライベート含む)

多分、3連休ぐらいには落ち着くと考えているのですけど、それまでは結構しんどい状況がつづくかもしれません。山場は月曜かなと考えていますけど。

さて本題。昨日はレイ・ダリオの発言に関して記事にしましたが、レイ・ダリオのポートフォリオって新興国株式に偏重しているんですよね。

関連記事:ヘッジファンドの帝王レイ・ダリオ「市場がうまく織り込んでいないリスクが増大している」

4半期毎に変化しているとはいえ、実際のパフォーマンスはどうなるか?気になったので調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。