関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > タグ: 読書
投資関連本

バフェットの右腕マンガーの投資哲学、思考とは?マンガーの投資術を読んで

Munger-toushijyutu-20171013.jpg

読書が趣味の一つとなっておりますが、どうやって本を探すかというと、①売れているか、②twitter上で話題に上がっている本を調べて、よさげならば買う or 図書館という感じです。

中にはこの著者とタイトルどうなんだろ?と思ってgoogleで調べてみることもあります。ただ、調べてこいつぶっ飛んでる的なものはすでに①と②でフィルターかけてるのでなかなかないものですが。

さて、先月これは読みたいとタイトルだけ見て即決購入したのが、マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉――富の追求、ビジネス、処世についてです。

ウォーレン・バフェットの右腕で、バークシャー・ハザウェイの副会長チャーリー・マンガーの言葉をもとに、著者のデビッド・クラークが投資哲学や思考をまとめたものです。

基本的な構成は、マンガーの言葉→解説という感じで構成されていて、巻末に山崎元氏の解説が載っています。

詳細な発言や、投資の際のチェックリスト等に関しては完全なる投資家の頭の中──マンガーとバフェットの議事録 (ウィザードブックシリーズ)のほうがバフェットの部分と混在しているとはいえ多い印象でした。

関連記事 >> 完全なる投資家の頭の中を読んで

ただ、評判にたがわぬ本だという感想です。パンローリングが出すバークシャーの本とは一味違う感じでしたし。

個人的には3点ほど強く印象に残りました。

スポンサードリンク
読書

AI時代に勝ち残る企業と人の条件とは?シンギュラリティ・ビジネスを読んで

Singularity-business-20171006.png

去年あたりから人工知能関連の本をぼちぼち読んでおります。

確かに現状はブーム感はありますけど、10年スパンぐらいで考えると仕事の種は多く転がっていると考えているので、軽く知識を持っていると新しいもの好きの50代ぐらいのお偉いさんは雑談でも喰いついてくれるんですね。

関連記事 >> 人工知能により2030年頃雇用が崩壊するので、ベーシックインカムが必要となる?人工知能と経済の未来を読んで
経済やベーシックインカムと人工知能の関係性の本は読みましたけど、じゃあ実際のところビジネス化ってどうなんだろ?と考えていたらズバリのタイトルがありました。

シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件

タイトルの付け方が知りたい情報にドンぴしゃだと思いますが、内容は読みやすかったですね。若干、著者の主観が入っている感があり、天才の予測といった伝聞レベルの箇所もあるためその点は割引いてみる必要があります。

印象に残った点をまとめるとおもに以下の4点でした。

スポンサードリンク
読書

マーケティングの基礎学習にはもってこい。USJを劇的に変えた、たった1つの考え方を読んで

USJ-marketing-20170929.jpg

個人的な本の興味の対象は投資関連、経済、技術、歴史あたりになりますが、流行りの本はなんなのかと興味はあるのでちょくちょく売り上げのランキングは見ています。

その中で気になってたのは昨年あたりからちらほらランキングや書店でも見られるようになってきたUSJ関連の書籍。

なぜにUSJの本なんだろと興味はあったんですね。しかし、USJに関しては入場者数が増えているという印象ぐらいでした。

ジェットコースターと観覧車が死ぬほど苦手は私にとっては、最後に乗ったのは今年閉園のスペースワールドのタイタンであり、学生の時からデートとか遊びにいく時もテーマパークはNGなのです。

さて本題。以前書いたようにマーケティングって自分の今までの仕事の経歴からしてほとんどないものなので、多少なりとも身につけたいと考えておりました。

関連記事 >> いかにしてマクドナルドは大きくなったか?マクドナルド創業者による自伝、成功はゴミ箱の中にを読んで

いい本はないかと探したところ、USJの元マーケティング担当、森岡氏のマーケティングの本が3冊あってそのうちの入門編っぽい
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」がよさそうということで買って読みました。

マーケティングだけでなく、通常のビジネスからキャリアアップなどにも活かせるように感じる一冊です。個人的に要点をまとめると以下の3点ですね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。