関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > タグ: DGRE
ウィズダムツリー

コストが半分になったウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE)

wisdomtree-DRGE-20170715.jpg

iシェアーズとバンガードのETFに関しては猛烈な競争が行われていて毎年のようにコストがジリジリと下がっていっています。

関連記事:バンガードBND等債券ETF4本、小型株(VB)、グロース株(VUG)、バリュー株(VTV)、S&P500(VOO)等株式ETF13本経費率値下げ

一方、配当、収益、パフォーマンス、分散投資の効果等を考慮した、独自のスマートベータ指数を多数開発し、この指数に連動するETFを設定している、ウィズダムツリーのETFに関しては今まで記事にしてきましたが余りコストダウンのニュースはきかないですね。

ウィズダムツリーETF関連記事

欧州株式、新興国株式に配当戦略は有効なのか?ウィズダムツリーのETFで確認してみた
米国ETF売買手数料無料「ゼロETF」対象のウィズダムツリーETFについて、メリットやおもしろいと思うETFをまとめてみた

iシェアーズやバンガードのETFとかなりコスト差が開いている状況なんですが、6/30日付でウィズダムツリーのETFでもコストダウンがありました。

ETF のコスト引き下げ情報 (2017年6月30日)

6月30日付で、次の ETF のコストが引き下げられました。

Guggenheim S&P 500 Equal Weight ETF (RSP) 0.40%→0.20%

WisdomTree Emerging Markets Consumer Growth Fund (EMCG) 0.63%→0.32%
WisdomTree Emerging Markets Quality Dividend Growth Fund (DGRE) 0.63% → 0.32%


ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE)のコストが半分になりました。ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド(DGRW)の経費率が0.28%ですから、米国株と新興国株のコスト差が小さくなったわけですから米国株の方とかもコストダウンがあるのかもしれません。

ということで、ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE)の現状について調べてみました。

スポンサードリンク
ウィズダムツリー

欧州株式、新興国株式に配当戦略は有効なのか?ウィズダムツリーのETFで確認してみた

wisdomtree.png
更新日:2017/3/11

昨日は米国中型株、米国小型株に関して配当戦略が有効か確認をしました。余り効果があるようには見えませんでしたが、今年に入ってからのパフォーマンスは好調のように見えました。

ウィズダムツリーの配当戦略は有効なのか?米国中型株配当(DON)、米国小型株配当(DES)、米国小型株クオリティ配当成長(DGRS)を調べてみた

ウィズダムツリーが海外ETFを10銘柄一気に金融庁に届出を出したわけですが、昨日取り上げた米国株関連以外でも気になっているETFが3つあります。

ウィズダムツリー、国内初となるヘッジファンド型ETF等、海外ETF10銘柄を金融庁に届出

近年余り調子がよくない新興国株式と欧州株式関連です。今回購入可能になった3つのETFについて今回は調べてみようと思います。


    ウィズダムツリー 欧州株クオリティ配当成長ファンド(EUDG)
    ウィズダムツリー 新興国小型株配当ファンド(DGS)
    ウィズダムツリー 新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE)

配当成長や連続増配株はバンガードやiSharesも今年になって出してきているのでその流れに乗っかってるのかもしれません。

連続増配株関連記事

日本でも購入できるようにしてほしい。Vanguardが米国外高配当系株 ETF を公開
iSharesも米国外増配株ETFを公開

まずはバンガード欧州株(VGK)とウィズダムツリー欧州株クオリティ配当成長ファンド(EUDG)を比較してみました。

スポンサードリンク
ウィズダムツリー

ウィズダムツリー、国内初となるヘッジファンド型ETF等、海外ETF10銘柄を金融庁に届出

wisdomtree-etf.jpg
更新日:2017/3/11

ウィズダムツリーといいますと4月のモーニングスターのセミナーにてようやく日本でもセミナーの場に出れるようになったという話がありましたが、日本市場へ更に進出しようという意気込みは感じられました。

2016年 米国投資のはじめ方 米国株式・ETFセミナーに行ってきました

そんな中、ウィズダムツリーが海外ETFを10銘柄一気に金融庁に届出を出してきました。

2016年7月1日 ウィズダムツリー、国内初となるヘッジファンド型ETF2銘柄を含む 海外ETF10銘柄を金融庁に届出: 国内の個人投資家向け投資商品を拡充

【東京】上場投資信託(ETF)および 上場投資商品(ETP)を提供する資産運用会社、ウィズダムツリー・インベストメンツ・インク(NASDAQ上場 コード:WETF)の日本法人であるウィズダムツリー・ジャパン株式会社は、海外ETF10銘柄の金融庁への新規届出が完了し、今回届出の10銘柄とは別に、既に届出済みの17銘柄についても日本語名称を変更することを本日発表いたしました。これにより、ウィズダムツリーは国内の証券会社を通じて海外ETF27銘柄の国内個人投資家への提供が可能となりました。
今回新規届出が完了した海外ETF10銘柄には、米国や欧州および新興国の株式へ投資する配当重視型ETFに加え、国内では初となるロングショート戦略のヘッジファンド型オルタナティブETFも含まれており、これまで以上に幅広い投資商品を国内の個人投資家へ提供することになります。


今回届出があった10銘柄は以下の通りです。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。