関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 投資信託
投資信託

エンダウメント投資戦略の効果はあるのか?GCIエンダウメントファンド(成長型)とGCIエンダウメントファンド(安定型)

harvard-171013.jpg

日経平均が21年ぶりの最高値を記録していて、日本も株高の状況になっています。こういう状況になってきますと、そろそろ調整が・・となるのがマイナス思考強めの人間の悲しいところ。

いざ、下落が調整した時に少しでも下落幅を小さくできないのかなということで、いろんな投資について調べていきたいと考えています。

個人的に現状どうなっているのか気になったのが、エンダウメント投資です。

関連記事 >> 販売開始から1年経過した、GCIエンダウメントファンド(成長型)とGCIエンダウメントファンド(安定型)の現状を確認してみた

エンダウメント投資とはなんぞや?という話になると思うのですが、エンダウメント投資戦略の著者の定義は以下の通りでした。


    ①長期で投資する
    ②分散投資を徹底する
    ③オルタナティブ投資を積極的に活用する
    ④外部の運用会社を使う
    ⑤よい運用会社を選び、できるだけ長く保有して、あまり頻繁な売買はしない

ヘッジファンド等を使ったオルタナティブ投資を一定比率組み入れる投資手法で、イェールやハーバードの財団も同様の手法取っています。

アメリカではオルタナティブ投資をするファンドが存在するのですが、日本で関連するファンドというと、約2年前に以下の2つのファンドが販売開始となっています。

  • GCIエンダウメントファンド(成長型) AC311159
  • GCIエンダウメントファンド(安定型) AC312159

「成長型」の方は、投資資産のうちリスク資産のウエイトを増やしつつ、伝統的資産に加えてオルタナティブ資産・戦略で、「安定型」の方は、投資資産のうちリスク資産のウエイトを抑制しつつ、伝統的資産に加えてオルタナティブ資産・戦略で運用します。

GCIport.png

ポートフォリオは上記のような感じなのですが、パフォーマンスって実際のところどうなのか?2つのファンドの現状を調べてみました。

スポンサードリンク
投資信託

ビットコインはバブルではないかという事象に遭遇した

bitcoin-20170530.jpg

1929年のニューヨーク株式市場の大暴落の直前、ウォール街関係者が靴磨きに行くと、靴磨きの少年が「旦那、わるいことはいいません、この銘柄は、騰がりますぜ」と、囁き銘柄を頼みもしないのに教えてたという靴磨きの少年の話は天井が近いという意味でよくつかわれます。

現状の株式ではトランプ相場が終わると言う人が結構いますのでそんなことはないと思うのですが、ビットコインに関して最近これやばいんじゃないの?と思うことがありました。

5月初めのとある昼休みに世の中の新しいもの好きの先輩が突然私に聞いてきました。


    先輩「ビットコインって知っている?」
    garboflash「仮想通貨というか、世界共通通貨というかなんかポイントっぽいものの印象です」
    先輩「仕組みがよくわからないんだけど、最近妙に広告や記事を見るけどバブルっぽい感じがするだよな~」
    以下略

割と見識の広くて、新しいものに結構興味を持つ人なのでこの人が気になったというのは一般層も気にし始めたのかなと思うんですよね。これは大きな下落が起こるフラグではと話をして思っていたのです。そしたらこの日の後数週にわたって普段民放を見ない私がビットフライヤーのテレビのCMを見るようになったのです。

しかも、競馬中継の間のCMで見ましたからね。競馬中継の間のCMでは証券会社や純金積立は見た記憶はありますけどあくまでも資産運用としかいわないわけで。ギャンブル中毒の人間に、今がんがん上がっている投資関連のものを見せると余りよろしくないと思うんですがね。

スポンサードリンク
投資信託

ピクテ式投資セオリーを読んで気になったのでiTrustシリーズの現状を確認してみた

pictet-170207.jpg

ピクテ式投資セオリーという210年にわたってパートナー制で運営してきた、プライベートバンクを母体とするスイスの資産運用会社ピクテの日本法人の代表取締役社長の萩野琢英氏の本を読む機会がありました。

内容としてはピクテの運用哲学が書かれてあって、各章に書かれてあった「欲張らない投資」「育てる投資」「スパイス的な投資」等についてはなるほどなと思うところもありました。

そして、本の中でピクテが販売しているiTrustシリーズについてもそこそこ記載があったんですね。iTrustは低コストアクティブファンドとして昨年2/19に運用開始したファンドです。まず、iTrust世界株式、iTrustロボ、iTrustロボと3本、その後6月頃にiTrust日本株式が設定されました。

最初の3本のファンドが設定されて1年近くなりますが、現状がどうなのか確認するために調べてみました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。