Top Page > 投資関連本

遊びが日本経済を牽引する?気づいたら先頭に立っていた日本経済を読んで

tabiuti-sentou-20170314.jpg

東洋経済の記事を出張の移動中や朝の通勤時間帯に読むことが多いのですが、極論的でタイトルで読者を呼ぼうとしている記事もあったり、またこいつかという記事を書く人の記事も載っています。

そんな東洋経済の記事の中で個人的に好きなのは「競馬好きエコノミストの市場深読み劇場」です。吉崎達彦氏、ぐっちー氏、山崎元氏が毎週入れ替わりで記事を書いておりまして、無駄にコラムの終わりに競馬予想が載ってたりしますが、それ以外の内容については競馬に興味がない人にも読める内容になっています。

そんな3人の1人、吉崎達彦氏が独自の「遊民経済学」の観点から、実は長期のデフレに陥っている日本経済は「遊び」や「旅行」とかで可能性があるのではないか?と書いた気づいたら先頭に立っていた日本経済 (新潮新書)を読みました。

日本やアメリカ、ドイツのようにGDPが1万5000ドルを超えて大きくなった国にとって、さらなる豊かさを求める方向性が定義できなくなっているので、GDPには現れないかもしれないが、「遊び」というパーソナルな行為の中に新たなフロンティアがあると言う意見はなかなか面白いと思います。

この本を読んで「旅打ち」と「観光とエンタメの融合」の2点について考えましたね。

続きを読む»




スポンサードリンク
関連するタグ:読書 投資関連本 気づいたら先頭に立っていた日本経済 遊民経済学 吉崎達彦

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

社員へ利益を還元する企業が増えてほしい。利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのかを読んで

syatiku-20170308.jpg

3月になりまして4月からの仕事と2016年度の予算がどうなるかについて幹部社員と一般社員の間でのやり取りが増えてきます。事務所にいますとそのやりとりの声が聞こえてきますし、折衝や交渉的なメールも多く出ています。

その中でお互い自分の利益はあると思うのですが、やりとりがどんどん泥沼化していく事例もかつてみました。ボーナスに反映されるので仕方ないとはいえ少しはお互い譲歩すればいいのにと当時は思いました。

会社は当然利益を追い求めていますが、3月のただでさえ仕事が忙しい時も予算で利益に関して求められます。これがいきすぎると社員が疲弊して病休になっていくんだと思います。

個人的に1月頃、会社間の問題で悩んだ時期がありまして、その時に利益追わない=会社が儲かる的なタイトルに釣られて利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのかを読んでみました。

著書の坂本光司氏は「日本でいちばん大切にしたい会社」関連の書籍で有名で、過去40年間7000以上の訪問調査や助言を行っている人です。

鎌倉投信の記事:投資は「きれいごと」で成功するを読んで

鎌倉投信にも影響を与えた人であり、企業の訪問を数多くこなしているだけあって、46個上がっている成功の法則は説得力がありました。個人的に読み終わって以下2点を考えました。

続きを読む»




スポンサードリンク
関連するタグ:読書 投資関連本 坂本光司 利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのか

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

お金の増やし方・守り方からベストなお金の使い方をするために必要な5つのこと

okanenofuyasikata-mamorikata-20170301.jpg

定年が60から65になりましたと制度が変更されたいう会社は確実に増えていると思いますが、じゃあ60過ぎて働きたいかというというともちろんNOです。そして、理想論としては1年でも早く仕事を辞めてセミリタイアしたいという思いが年々強くなっていますし、そのための節約であり貯金であり投資であるわけです。

節約や貯金をやっておりますが、どうしても出張先で家に帰って作るの無理だから外食とかになって1000円以上使うことも月に何回かあるのです。ご褒美的なものはある程度必要ですし、自分の消耗度を考えますとある程度必要と思いますが、やっぱり客観的に見てみると無駄遣いやなと思います。

このような無駄遣いを防ぐという理由もありまして最近行動経済学の本を連続して読みました。

行動経済学の歴史の本:行動経済学のパイオニアが語る行動経済学の歴史とは?行動経済学の逆襲を読んで

行動経済学の歴史に関して学びましたが、次に読んだのが行動経済学で解決するムダづかいの本です。

以前紹介した投資賢者の心理学を読んでの著者である大江英樹氏の本です。

  • 通帳残高が増えない本当の理由
  • やってはいけない保険選び
  • 勝ってはいけない金融商品

上記のような50項目について行動経済学での見方がわかる本になっています。

この50項目に関することを学ぶだけでも価値のある本なんですが、終わりの方の「ベストなお金の使い方をするために必要な5つのこと」が節約やムダづかい防止にとても役立つ重要なことだと考えさせられましたね。

続きを読む»




スポンサードリンク
関連するタグ:読書 投資関連本 大江英樹 お金の殖やし方・守り方

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR