Top Page > 投資関連本

投資と希望は同義語?投資レジェンドが教える ヤバい会社を読んで

yabaikaisya-20170623.png

ひふみ投信に関しましては、EXE-iグローバル中小型株株式に投資をしているものの、国内小型株へ投資したいという考えがありまして、ひふみプラスを毎月積み立てていっております。

そんなひふみ投信なんですが、2月にカンブリア宮殿で、ひふみ投信を紹介されてから資金の流入額が大きくなっていて、問い合わせも急増しているそうです。

半年以上前に、ひふみ投信の上位構成銘柄について書きましたが、半年以上経過していますから構成銘柄は変わっているかもしれませんね。

ひふみ関連の記事

ひふみ投信の上位構成銘柄が1年でどうなったか見てみた(2016年編)

さて、そんな情勢の中で、代表の藤野英人氏の新しい著書が出ました。投資レジェンドが教える ヤバい会社 (日経ビジネス人文庫)でダイヤモンドあたりの連載を加筆修正したもののようです。

ひふみ投信の藤野英人氏の著書の記事

日本株はバブルではないを読んで
投資バカの思考法を読んで

藤野氏の著書は2冊ほど記事にしています。「日本株はバブルではない」はかなり強気な感じだったんですけど、本が出た後にチャイナショックと原油安が起こって、日経平均が2万に戻るのに1年以上かかりました。

やや心配になりますが、ヤバい会社はそんな感じの本とは異なります。

続きを読む»




スポンサードリンク
関連するタグ:読書 投資関連本 投資レジェンドが教える ヤバい会社 藤野英人

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

1957年から2014年のバフェットの重要投資案件20件を時系列順に見てみた

Warren-Buffett-20170616.jpg

ウォーレン・バフェット関連の書籍に関してはこれまで合計3冊読みまして、以下の2冊に関しては記事にしました。

関連記事

株で富を築くバフェットの法則
バフェットからの手紙第4版を読んで

バフェット関連の書籍はパンローリングから出版される印象が多い印象です。パンローリング社の書籍はなかなかおもしろいものがありますので、だいたい月の初めに新刊が発表される時にいいものがないかを探します。

先月初めに新刊のリストを見ていると、ちょうどバフェットの本を見つけたんですね。概要を読む限り外れではなさそうでしたので、バフェットの重要投資案件20 1957-2014 (ウィザードブックシリーズ)を購入して読みました。

1957年から2014年ということで、パートナーシップ時代を含めて重要投資案件の20件を、手紙や内部書類、年次報告書、第三者の資料乃情報を使って検証した本になります。

1969年までのパートナーシップ時代も含みますので、バフェットからの手紙関連書籍に対応させると、バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学が第7章までで、バフェットからの手紙 第4版 (ウィザードブックシリーズ)がそれ以降となります。

バフェット関連の情報を集めたい人や、投資経歴を見る上ではわかりやすい一冊だと思いました。

続きを読む»




スポンサードリンク
関連するタグ:読書 投資関連本 イェフェイ・ルー ウォーレン・バフェット バフェットの重要投資案件20

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

損をして得を取る投資法とは?ブラックスワン回避法を読んで

blackswan-20170609.jpg

新人の頃、私のトレーナーは損をして得を取れ的な感じで、回り道をしてもいいからとにかくやれということを何も説明せずに、ただただ作業を私に押しつけていました。

無論、押し付けられた作業に関してはそれぞれ意味があったものですし、5年以上経った今となってそれぞれに意味があったことがわかるのです。でも、当時はそんな余裕がなくて、損をして得を取るような状態にすらならずに消化不良を起こした結果、私の精神がおかしくなりかけたんですね。

だから、新入社員や20代前半の社員が来たときは、何でこの作業をやるのか?とか、この部分は今やっとけばいずれ役立つっていうことを割と正直に伝えるようにしています。自分がされて消化不良だったことはなるべく繰り返さない方がいいかなと。

これも30代になって損をして得を取るとか、今やっとけば後で楽になると言うのが業務の経験でわかるようになったからだと思うのです。

同時にスポーツなんかでも、何故この若手選手をここで使うのか?とか、跳ね返されるのに同じようなコーナーキックを何回も蹴るのか?ということに対して意図を読むようになってスポーツ観戦でも視野が広がった気がします。

ふと思ったのですが、こういう損をして得を取れという思想って、ようは割安になった株や下落している株に投資をして、後々上がった時に利益を取るということで投資にも通じるなと考えたのです。

そんな損をして得を取る投資的な考えをまとめたのが、ブラックスワン回避法 (ウィザードブックシリーズ)です。

オーストリア流の経済学の説明に始まり、投資戦略でなぜ迂回的な順路を通る必要があるのか、それらの話を解説している本です。また極端な株式の下落(ブラックスワン)から利益を得る戦略について書かれていますので、今の好調な相場の時に読んでおいて良かったと思いましたね。

続きを読む»




スポンサードリンク
関連するタグ:読書 投資関連本 ブラックスワン回避法 マーク・スピッツナーゲル オーストリア学派

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR