関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 2017年07月
米国株

久々に投資家オフ会に参加しました

toushika_offkai-20170723.png
いつ以来になるのかはっきりとしないのですが、久々に投資オフ会に参加してきました。

ちょうど仕事が落ち着いていて、たまたまtwitterでいんべすさんが募集しているのを見つけて申し込みました。

比較的年齢の近い人が幹事でしたし、会ったことのない人と交流するのもやりたいなと考えてた頃だったというのもあります。

参加者10名なんですが、残りの9名とは初対面で緊張しておりました。そのため店の中で迷ったりしましたがw

オフ会の参加メンバー

今回の参加者は以下の通りです。

幹事:いんべすさん(twitter:@inbesinbes、ブログ:いんべすのべいかぶ)
あきんこさん(twitter:@AKI2016free、ブログ:あきんこの人生を楽しく過ごすためのお金ブログ)
いーぴんさん(twitter:@kimino1pin)
ナナミライさん(twitter:@7mira1、ブログ:知恵でトクする節約生活)
三鷹さん(twitter:@thomasmitaka)
マイルズさん(twitter:@milesforinvest)
kewpiekoさん(twitter:@kewpieko)
のりさん(twitter:@ryo_noly)
とまさん(twitter:@hanachantamago)
※把握しているtwitterアカウントとブログ載せてます。問題があるようでしたら連絡ください。

オフ会の記事

投資家オフ会にはじめて参加してきました!
※記事見つけたら後日追加します。

スポンサードリンク
海外ETF

モーニングスター朝倉氏厳選の積極運用タイプのETFのポートフォリオを検証してみた

morningstar-asakura-portfolio-20170722.jpg

日本でETFの第一人者と言いますとモーニングスターの朝倉智也氏の名前が上がると思います。国内外のETFの状況に精通していますし、モーニングスターのセミナー行っても、年配の人が多い環境下でも年配の人を引き付けるトークをしていて、流石だなと思うこと多々あります。

そんな朝倉氏の最新作がでたので買ってみました。タイトルは、ETFはこの7本を買いなさい―――世界No.1投信評価会社のトップが教えるおすすめ上場投資信託

何か数年前にセゾン投信の中野氏が投資信託はこの○本から買いなさい的な本を出していた気がするのですが・・それのETFバンと行ったところでしょうか。

さて、本の中でETFを使ったポーフォリオが紹介されていまして、特に気になったのは以下の積極運用タイプのポートフォリオです。


    バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) 40%
    iシェアーズ・コアS&P小型株ETF(IJR) 10%
    MAXIS トピックス上場投信(1348) 20%
    バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF'(VWO) 30%

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)よりも新興国と小型株中型株の比率を上げた積極的な運用を目指すポートフォリオなのですが、実際のところ直近のパフォーマンスはどうなのか?

ということでMAXIS トピックス上場投信(1348)の部分をiSharesの日本ETF(EWJ)に置き換えてパフォーマンスとボラティリティを調べてみました。

スポンサードリンク
投資関連本

相場を動かす投資家たちの運用哲学とは?カリスマ投資家の教えを読んで

karisumatousika-20170721.jpg

相場が好調な期間が長く続いています。特に米国株に関しては好調な期間が長いため、警戒している意見も記事等で色々見ますね。

ただ、我々のような普通のサラリーマンの予測が当たることもあるでしょうけど、暴落を当てると言うのはなかなか難しいでしょうね。

しかし、世の中の一部の投資家たちはリーマンショック時に危機を事前に察知して、09年を底に下その後の長期の強気相場を言い当てることができてるんですね。

そんな投資家6人+AIについて書かれた、カリスマ投資家の教え (日経ビジネス人文庫)を読みました。

2年前に読んだリスク・テイカーズの改定文庫本版なんですが、カリスマ投資家が8人が6人に減った上に、投資家も入れ替わっていました。

関連記事:リスク・テイカーズ 相場を動かす8人のカリスマ投資を読んで

マネックス証券のセミナーの広告に載っていたiBillionaireのように日本語でもアメリカの著名投資家のポートフォリオも時間遅れとはいえ見れるようになってますので、本で考え方を知って投資家のポートフォリオを見ると違った見方もできるかもしれません。

関連記事:バフェットやソロスのポートフォリオを解析するウェブサイトiBillionaireを使ってみた

さて、本では各投資家の項でいいと感じた教えや考えについてまとめると以下の通りです。

スポンサードリンク
ブログ運営

ブログのプロフィール記事を作成した時に、30歳までに楽勝で1000万貯めれると勘違いしていたことを思い出した

blog-renewal-20170720.jpg

報告が遅れましたが、3連休中にブログのテンプレートを変更して色々と改造を施しました。スマホ向け表示をどうしたらいいかと考えた上で、レスポンシブ型に変えました。

色々と変えたいことは後2つぐらいあるので段階的に適用していこうと思います。

現状、ここ2年ほど夏場に仕事が落ち着いているせいなのか、割と夏場はたまって進んでいないことを進めようというモチベーションが高いような気がします。暑くて土日あまり昼間外に出たくないので家or室内で作業を集中してできるというのもあるかもしれませんが・・

さて、ブログのテンプレートに併せて、あまりにも酷かった当ブログの最初のページを改造して、プロフィール&投資方針という感じで簡易的に書いてみました。長々と書いた方がいいのか、簡易的な方がいいのか迷っているのでしばらくしたら変わっているかもしれません。

そんなプロフィール記事を書いた後、feedlyでブログを読んでてどのブログだったのか忘れてしまったのですが、株式を始めたきっかけ的な記事を読んだのです。その中で30歳までに1000万と言ってる同僚が出てきてたのを読んでて思い出しました。

私も入社してすぐは30歳までに楽勝で1000万貯めれると考えていたことを。

スポンサードリンク
米国株

主要米国株のフェアバリューを調べてみた

fair-value-20170719.jpg

指標というと万能なものではないとは思いますが、物事を判断するという意味では参考になるデータであると考えます。

先日は面白そうな指標だと、ブラックスワン回避法 (ウィザードブックシリーズ)を読んでいて思ったので、主要な米国企業のROIC(投下資本利益率)について調べました。

関連記事:米国企業のROIC(投下資本利益率)について調べてみた

他に何かいい指標値はないかということでブログやらネット上の記事を読んでいたわけですが、フェアバリュー(fair value)について以下の記事を読んでいて米国株は数値がわかるようなので調べてみました。

参考記事:モーニングスターのフェアバリューを無料で見る方法

フェアバリュー(fair value)の意味は証券用語集等で調べると「公正価値、適正価格のことで、評価対象(不動産、株式投資等)や、評価目的などの前提条件が変わることによって、算出方法や結果も変わってくるが、一般的なバリュー投資におけるフェアバリューとは、株式の価値と市場価格とが非常に近いことをいい、割安なときに買った株を売却する際の基準としてよく用いられる。」とありました。

「ティッカー fair value morningstar」で検索するとモーニングスターのPDFのレポートが読めると書いてありましたが、企業によっては検索結果の一番上に出てこないので、「ティッカー fair value morningstar pdf」とすればだいたい検索結果の1番上に出てきます。ただ、たまにティッカーの部分を企業名にしないと出てこない場合もありました。

例えば、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)は以下のようなレポートが出てきます(※土曜日に調べましたが月曜時点で数値が変わっているように見えます)。

ジョンソン&ジョンソン

こんな感じの分析レポートがただで読めるわけですから、アナリストとか仕事がなくなっていくんじゃないですかね。さて、レポートが検索で出てきますから、主要な米国株のフェアバリュー(fair value)を調べてみました(数が多かったので見間違えてる個所もあるかもしれません・・)。

スポンサードリンク
インデックスファンド

たわらノーロードシリーズにも8資産均等型バランスファンドが登場

tawara-20170718.jpg

たわらノーロードシリーズというと、たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略、たわらノーロードplus 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略、たわらノーロードplus 国内株式高配当最小分散戦略といった低ボラティリティ高配当戦略ファンドもあるのが特徴です。

関連記事:またまたたわら、またたわら 「たわらノーロード」シリーズ4本が追加

そんなたわらノーロードシリーズですが久々に動いてきました。

リリース記事:低コストファンドシリーズのバランス型ファンド設定

あらたに設定されたのは「たわらノーロードバランス(8資産均等型)」で、設定日は2017年7月28日。国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内REIT、先進国REITの8資産に均等に投資をします。

信託報酬は0.2376%。eMAXIS Slimバランス8資産均等型と同じで、iFree8資産バランスとも差も小さく、3番手として8資産均等型バランスファンドに進出してきました。

今回の8資産均等型バランスファンドについては以下の印象ですね。

スポンサードリンク
海外ETF

GPIFが1兆円規模で開始したESG投資の効果はあるのか?パフォーマンスを米国株で調べてみた

ishares-esg-etf-20170717.png

去年の今頃5兆円損失が出てどうするんだと一部マスコミが叩いていたGPIFによる年金運用成績ですが、昨年とうってかわって大幅プラスになっていて、あまりニュースとして取り上げられてない状況です。

そんな中、GPIFはESG投資を開始しました。

GPIFのESG投資、1兆円規模で開始-長期的収益向上目指す

世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、ESG(環境・社会・ガバナンス)指数に連動した日本株のパッシブ運用を1兆円規模で始めた。長期的な収益向上と日本企業をめぐるESG評価の高まりを狙う。

1兆円というとかなり突っ込むなという印象もありますが、年金の運用額はそれ以上に大きいものですのでまだ小規模というかんじですかね。

では、このESG投資はパフォーマンス的にTOPIXや日経平均を上回る効果があるのか?アメリカではESG投資のETFがあるんですね。

関連記事:インデックスプロバイダーが好ましいと定義する特性を持つ米国企業に投資するETF(KLD)とは

以前紹介したiシェアーズMSCI米国ESGセレクトETFですが、どういうわけかティッカーがKLDからSUSAに変わっていました。ここまで変わると認知にも時間がかかりそうですが。

このETFの概要としては「iシェアーズ MSCI 米国 ESG セレクト ETFは、インデックスプロバイダーが好ましいと定義する環境、社会、企業統治に関する特性を有する米国企業の株式で構成される指数と同等の投資成果をあげることを目指しています。」だそうです。

ちなみに信託報酬は0.5%とお高めです。そんなiシェアーズMSCI米国ESGセレクトETFを構成するセクターや企業はどうなっているのか確認してみました。

スポンサードリンク
eMAXIS

ついにeMAXIS Slimシリーズから新興国株式インデックスが登場

eMAXIS-emerging-20170716.jpg

eMAXIS Slimシリーズも国内株式、国内債券、先進国株式、先進国債券の4つのファンドで運用開始となりましたが、その後数カ月でバランス8資産均等型も販売開始になりました。

eMAXIS Slim関連記事

三菱UFJ国際投信、2/27付でeMAXIS Slimシリーズ4ファンドを新規設定
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)が登場。eMAXISバランス8資産均等型から乗り変えざる得ない
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の積立を開始しました

そんな中、また新たなファンドが追加となりました。「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」です。信託報酬は0.34%で、7月31日に設定されるそうです。

『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』募集・設定について

今まで中々コストダウンが進まなかったカテゴリですが、とうとうeMAXISが動いてきました。多分、eMAXIS Slimシリーズが設定された時から新興国株式とバランス8資産均等型に関しては設定する予定だったんじゃないですかね?

何故、このタイミング?ということでeMAXIS Slimシリーズや新興国株式のETFやインデックスファンドについて確認してみました。

スポンサードリンク
ウィズダムツリー

コストが半分になったウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE)

wisdomtree-DRGE-20170715.jpg

iシェアーズとバンガードのETFに関しては猛烈な競争が行われていて毎年のようにコストがジリジリと下がっていっています。

関連記事:バンガードBND等債券ETF4本、小型株(VB)、グロース株(VUG)、バリュー株(VTV)、S&P500(VOO)等株式ETF13本経費率値下げ

一方、配当、収益、パフォーマンス、分散投資の効果等を考慮した、独自のスマートベータ指数を多数開発し、この指数に連動するETFを設定している、ウィズダムツリーのETFに関しては今まで記事にしてきましたが余りコストダウンのニュースはきかないですね。

ウィズダムツリーETF関連記事

欧州株式、新興国株式に配当戦略は有効なのか?ウィズダムツリーのETFで確認してみた
米国ETF売買手数料無料「ゼロETF」対象のウィズダムツリーETFについて、メリットやおもしろいと思うETFをまとめてみた

iシェアーズやバンガードのETFとかなりコスト差が開いている状況なんですが、6/30日付でウィズダムツリーのETFでもコストダウンがありました。

ETF のコスト引き下げ情報 (2017年6月30日)

6月30日付で、次の ETF のコストが引き下げられました。

Guggenheim S&P 500 Equal Weight ETF (RSP) 0.40%→0.20%

WisdomTree Emerging Markets Consumer Growth Fund (EMCG) 0.63%→0.32%
WisdomTree Emerging Markets Quality Dividend Growth Fund (DGRE) 0.63% → 0.32%


ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE)のコストが半分になりました。ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド(DGRW)の経費率が0.28%ですから、米国株と新興国株のコスト差が小さくなったわけですから米国株の方とかもコストダウンがあるのかもしれません。

ということで、ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE)の現状について調べてみました。

スポンサードリンク
読書

ベーシックインカムと一日三時間労働が世界を救う?隷属なき道を読んで

reizokunakimiti-20170714.jpg

数週前だったと思うのですが、民進党から立候補予定の人がベーシックインカムについて提言をして、色々と議論を巻き起こしておりました。

まぁ、これが自民党だったらまだまともな議論になったのでしょうけど、如何せん埋蔵金の前科が重すぎるため耳を貸さない人も多くなってしまうのでしょう。

昨年ベーシックインカム関連の記事を書きましたが、何故このタイミングでベーシックインカムの議論が出てきたかというと、ルトガー・ブレグマンの隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働が話題になったからでしょう。ちょうどこの本を読んでたタイミングで提言が出てきましたし。

ベーシックインカム関連記事

人工知能により2030年頃雇用が崩壊するので、ベーシックインカムが必要となる?人工知能と経済の未来を読んで
ベーシック・インカムの関連の本を読んで、施策案をまとめてみた

ちなみに日本語版編集チームからはルトガー・ブレグマンはピケティにつぐ欧州の新しい知性の誕生とまで言われています。

本書の大まかな内容としては、人間の能力をAIが遥かに超えていく時代に、わたしたちはなにを幸せとし、なにを社会のあるべき姿とするのかというのを問いかけて、「AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働」「福祉はいらない。お金を直接与える」ということを提言しています。

個人的にこの本に関して印象に残ったのは以下の3点ですね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。