Top Page > 海外ETF > テクノロジーセクターETF(XLK)を情報技術セクター(VGT)、ナスダック100指数(QQQ)と比較してみた

テクノロジーセクターETF(XLK)を情報技術セクター(VGT)、ナスダック100指数(QQQ)と比較してみた

technology-160918.jpg

先週、テクノロジー・セレクト・セクターSPDRファンド(XLK)について調べたのですが、組入れ企業を調べておりますと何故かAT&Tやベライゾンといった電気通信関連が含まれておりました。この2社を組み入れるのか他の似たようなETFとどういう違いが表れるかが気になりましたので、今回調べてみようと思います。

最近資金が流入しているXLK(テクノロジー・セレクト・セクターETF)について調べてみた

見てきますとバンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)やパワーシェアーズQQQ信託シリーズ1(QQQ)と比較してみたくなりました。ベライゾンやAT&Tが1割程度組み入れられている効果もわかるかもしれませんし。

ということで近いうちに調べてみようと思います。

比較対象とするのは大手ネット証券の海外ETFのランキングで上位気来ているパワーシェアーズQQQ信託シリーズ1(QQQ)とバンガードの情報技術セクターETFであるVGTです。

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)関連記事:情報技術セクターについてしらべてみた
QQQ関連記事:パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1について調べてみた

これらのETFの違いは何なのか?セクター別、構成企業上位10社、値動きから確認してみました。


スポンサードリンク

セクター別比率


テクノロジー・セレクト・セクターSPDRファンド(XLK)

XLK-sector-160911.png

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)

VGT-sector-160918.png

パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1(QQQ)

QQQ-sector-160918.png
QQQのみセクター別でTechnologyと出てきました。この部分がXLKと似ているという感じなんでしょうかね?QQQはテクノロジーのセクターに60%近く含まれていますが、ヘルスケアや消費関連(Amazon等)も3割近く占めています。

XLKとVGTは非常に似かよっているのですが、やはりTelecommunications(電気通信関連)が含まれているのが大きな違いと言えるでしょう。

次に、組入れ上位10社を比較してみました。

組入れ上位10社


テクノロジー・セレクト・セクターSPDRファンド(XLK)

XLK-company-160911.png

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)

VGT-company-160918.png

パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1(QQQ)

QQQ-company-160918.png
確認するとアップル、マイクロソフト、Googleといった上位の顔ぶれは余り変わらないですね。それぞれの特色を上げると以下の通りでしょうか?

    テクノロジー・セレクト・セクターSPDRファンド(XLK):AT&T、ベライゾンを含む。
    バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT):オラクルが上位に聞いている
    パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1(QQQ):Amazonやアムジェン、ギリアド等のヘルスケアセクターの企業を含む


では、これらの組入れ企業の差がパフォーマンスに影響するか?過去10年の値動きを確認してみました。

過去の値動き


XLK-VGT-QQQ-10y-160918.png
比較対象としてS&P500を加えてみましたが、QQQ>VGT>XLKという結果になりました。この傾向は過去5年で見ても変わらない感じです。S&P500に対しては上回っています。

ただし、直近1年で見ると傾向が異なっていてXLK>VGT>QQQという結果になります。

XLK-VGT-QQQ-1y-160918.png

これはここ1年ヘルスケアセクターが冴えないことと、年明けごろからFANGが今後冴えないのでは?という記事が出てきたのが関係しているかと。個人的に投資をするとすれば、コストが一番安いVGTぐらいでいいかなと思いますが。

今後10年を見こしても伸びていくのはこのセクターだと考えますので、これから数十年投資を継続していくことを考えますと、ETFで投資をすることも検討していきたいなと思います。

テクノロジーセクターETF(XLK)と情報技術セクター(VGT)、ナスダック100指数(QQQ)の違いまとめ


  • テクノロジーセクターETF(XLK)はVGTの構成上位企業に加え、AT&T、ベライゾンに投資している。
  • ナスダック100指数(QQQ)はVGTの構成上位企業に加え、Amazonやヘルスケアセクターの企業に投資している。
  • コストはXLK 0.14%、VGT 0.10%%、QQQ 0.20%
  • 過去10年のパフォーマンスではQQQ>VGT>XLK>S&P500。ただし、直近1年はXLK>VGT>QQQ
関連記事
関連するタグ:海外ETF XLK VGT QQQ テクノロジー・セレクト・セクターSPDRファンド パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1 バンガード・米国情報技術セクターETF

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR