Top Page > 海外株式 > 米国株 > バンガードのグロース株ETF(VUG)構成上位10社の値動きについて調べてみた

バンガードのグロース株ETF(VUG)構成上位10社の値動きについて調べてみた

growth-161018.png

一昨日はバンガードのグロース株ETF(VUG)とバリュー株(VTV)の現状の値動きについて調べました。

大手ネット証券で販売から2年が経過。バンガードのバリュー株ETF(VTV)、グロース株ETF(VUG)の現状を確認

過去10年とか過去2年の値動きを見ますとグロース株はS&P500やバリュー株ETF(VTV)に勝っておりましたが、直近1年だとS&P500やバリュー株ETFに負けている状況でした。

では、実際に米国グロース株ETFを構成している組入れ上位企業はどうなのか?確認してみようと思います。

バンガード・米国グロース株ETF(VUG)の構成上位10社は以下の通りです。

VUG-top10-161016.png

上位4社は安定のアップル、Google、Amazon、フェイスブックですが、5番目以降にコカコーラ、ホームデポ、フィリップモリスと意外な面子も揃っています。

上位4社+コムキャストとグロース株に含まれているのが意外なコカコーラやホームデポあたりの値動きを見てみました。


スポンサードリンク

アップル(APPL)、Google(GOOG)、Amazon(AMZN)、フェイスブック(FB)、コムキャスト(CMCSA)

過去1年

APPL-GOOG-AMZN-FB-CMCSA-1y-161018.png

5社との比較のためにS&P500をプロットしています。アップルは最近冴えていませんでしたが、iPhone7の販売開始に向けて株価が大きく上昇して、S&P500とパフォーマンスは変わんない程度まで戻してきていますね。サムソンがギャラクシーでどっかーんするものを出してきたため敵失も追い風になるかもしれません。

アマゾンは下がっていた時期もありますがここ1年でも上がりつつあります。では、過去5年で見るとどうでしょうか?

過去5年

APPL-GOOG-AMZN-FB-CMCSA-5y-161018.png

フェイスブックは4年前に上場しているため途中からになります。こうしてみるとアマゾンとフェイスブックの伸びが大きく、逆にアップルはS&P500には優っているものの余り上昇していないことがわかりますね。

ここまで主要なグロース株を見てきましたが、グロース株?とおもうような5社の株価はどうなっているのでしょうか?

コカコーラ(KO)、ホームデポ(HD)、フィリップモリス(PM)、ビザ(V)、ディズニー(DIS)

過去1年


KO-HD-PM-V-DIS-1y-161018.png

ホームデポ、コカコーラ、ディズニーはS&P500を下回ってますね。世界の人口が増えていくということを考えるとコカコーラとディズニーは成長の余地がありそうですが、ホームデポがそこまで成長するかなぁ?という気もします。

では、過去5年で見てみるとどうなのでしょうか?

過去5年

KO-HD-PM-V-DIS-5y-161018.png

フィリップモリスとコカコーラはS&P500下回ってますね。グロースっぽくない値動きではあります。一方ホームデポ、ディズニー、ビザはここ5年でかなり上昇しています。

ビザはFintechに関わってきそうなので、グロース株に入ってるのは納得ですね。個人的にも使ってますし、今後が気になる企業の一つです。

グロース株に入っている企業が今後のアメリカを引っ張っていく可能性の高い企業だと思いますので、このETFの組入れ上位の企業に関しては動向を拾っていこうと思います。



関連記事
関連するタグ:米国株 VUG グロース株 AMZN KO FB GOOG DIS HD PM

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR