関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > SPDRバークレイズ・ハイ・イールド債券ETF(JNK)一部を売却して2年経過・・その後を調べてみた
海外ETF

SPDRバークレイズ・ハイ・イールド債券ETF(JNK)一部を売却して2年経過・・その後を調べてみた

junk-161105.jpg

資産運用を始めて5年が経過していますが、基本的にはバイ&ホールドの方針で資産運用を行っています。しかし、一度だけ例外的にハイイールド債(ジャンク債)ETF(JNK)の一部を売却し、国債の変動10にスイッチしたことがあります。

一部売却した時の記事:ジャンク債を一部国債にスイッチ

そもそも何でハイイールド債ETF(JNK)を買っていたのかというと、毎年恒例のモーニングスターETFカンファレンスで朝倉智也氏の講演を聞いたのと、そのタイミングで以下の本を読んで債券も分散せないかんなと思ったからです。

当時はバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)しか債券ETFを持っていなかったのです。ちょうど年が明けて2013年になった時期に数十万の定期預金が満期になりました。

既に仕事がなくても3年は生きていける貯金は貯めていましたので、資産運用に回すかということでハイイールド(ジャンク)債ETFであるSPDR®バークレイズ・ハイ・イールド債券ETF(JNK)を買ったのです。当時は40ドル台だった記憶があります。

その1年後、変動10に移してリスクを小さくしようと思ったのと、間違いなくこのETFは下がると思い6,7割を売却しました。結果的にいうと今のところ成功といえる状況ではあります。

売却後の検証記事

JNK売りとその後の値動きを分析
ジャンク債ETF(JNK)一部を売却して1年経過・・その後を調べてみた

これまで売却後の値動きを確認してきましたが、11月になりまして2年が経過しましたので、売却後からと昨年から状況はどうなっているのか確認してみようと思います。

スポンサードリンク

以下のファンドとSPDRバークレイズ・ハイ・イールド債券ETF(JNK)を比較


  • バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)
  • バンガード・米国長期債券ETF(BLV)
  • iシェアーズiBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)
  • iシェアーズ米国国債 20年超 ETF(TLT)
  • iシェアーズiBoxx 米ドル建てハイイールド社債ETF(HYG)

iシェアーズのハイイールド社債ETF(HYG)とも比較してみようと思います。

主要債券ETF vs SPDRバークレイズ・ハイ・イールド債券ETF(JNK) 過去1年


JNK-BND-BLV-LQD-TLT-HYG-1y-161105.png

まずは直近1年。債券系のETFはこの1年で上昇基調です。パフォーマンスは長期債(水色TLT,緑BLV)>適格社債(桃LQD)>ハイイールド債(黒HYG,赤JNK)>BND(青)の順番。BNDの安定ぶりが素晴らしいですね。

ハイイールド債の2つは原油価格が大きく下がっていた2月以降は上昇傾向にあります。2つのETFを比較したところHYGの方が若干パフォーマンスがよいです。経費率は0.4%対0.5%でHYGの方が高いのですが、HYGの方が分散されているという特徴があります。

では、売却後どうなったのかを確認するために過去2年でETF同士を比較してみました。

主要債券ETF vs SPDRバークレイズ・ハイ・イールド債券ETF(JNK) 過去2年


JNK-BND-BLV-LQD-TLT-HYG-2y-161105.png

意外なことに売却後10%以上下がっていたハイイールド債はプラスになってるんですね。為替が円高に進んでますのでなかなか気付きにくいのですけど。

長期債はTLTの方が出来高も多く、値動きがもっとも激しくなっています。では、リーマンショックの頃からの債券ETFの値動きを見てみますと・・

期間最大で過去9年で各ETFを比較すると・・


JNK-BND-BLV-LQD-TLT-HYG-9y-161105.png

リーマンショック期間を含む2007年末からになりますが、青のBNDのボラティリティが低くジリジリと上昇している様子を見ると資産の核はこれかなと思いますね。

モーニングスターの朝倉氏は本や講演の資料で分散投資ということでポートフォリオにジャンク債を組入れていましたが、リーマンショック時や原油安の時に大きく下がっています。

個人的には債券にこういう値動きは期待していないので、BNDを核にしつつ適格社債(LQD)、や長期債(BLV)を組み入れるのがベターなんじゃないかと考えています。一部まだハイイールド債は残っていますけど。御ボーナス様でのNISAの投資も債券分はこの3つのETFに投資していく予定です。



follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1089-b31254fc
該当の記事は見つかりませんでした。