関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > 日米の金利が上昇しているので、債券ETFの値動きを確認してみた
海外ETF

日米の金利が上昇しているので、債券ETFの値動きを確認してみた

saiken-161119.jpg

アメリカの金利がここのところ上昇しています。アメリカの10年債の直近1年の値動きを見ておりますと、11月から急に上昇し始めていることがわかります。

beikokusai-10y-161119.png

これに呼応してでしょうか?マイナスに沈んでいた日本の10年債も2カ月ぶりにプラス圏まで上昇しています。

長期金利が2カ月ぶりプラスに上昇、米金利先高警戒感

債券相場は下落し、長期金利は約2カ月ぶりにプラス圏まで上昇した。米金利の先高警戒感がくすぶる中、この日に実施された5年債入札が弱い結果となったことから、17日に予定されている20年債の入札に不透明感が生じ、売り圧力が強まった。

  15日の現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の344回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値と横ばいのマイナス0.02%で開始。午後に5年債入札の結果が出ると徐々に売られ、2.5ベーシスポイント(bp)上昇の0.005%と9月21日以来の水準まで上昇した。


海外ETFで米国の債券関係のETFを所有していますし、国内債券として変動10もってますのでこのニュースは気になるところです。イギリスのEU離脱があったとはいえ、アメリカのETF流出入ランキングでは上半期終了時点で債券ETFに資金が流入していました。

関連記事

アメリカにおける2016年上半期のETF流出入のランキングを見てみた

一方で資産残高は330億ドルの適格社債ETF(LQD)に68億ドルが2016年に流入していて、S&P500を上回る状況にあったため注意報的な記事も9月頃出ていました。

関連記事

iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)に警戒注意報。他の米国社債ETFと比較してみた

トランプ大統領誕生時に債券ETFは下がっておりましたが、現状がどうなっているのか確認してみました。

スポンサードリンク

比較する米国債券ETF


今回比較するのは以下の6つのETFです。

    iシェアーズコア米国総合債券市場ETF(AGG)
    バンガード米国トータル債券ETF(BND)
    iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)
    バンガード米国長期債券ETF(BLV)
    iシェアーズ米国国債20年超ETF(TLT)
    iシェアーズ米国物価連動国債ETF(TIP)
最近の変動が大きいので物価連動国債も加えてみました。これらのETFとS&P500の値動きを比較します。

AGG(赤) vs BND(青) vs LQD(緑) vs BLV(桃) vs TLT(水色) vs TIP(黒) 直近1カ月

AGG-BND-LQD-BLV-TLT-TIP-24d-161119.png

まず変動の大きい直近の1カ月で見てみました。11月3日を境目にS&P500が上昇したのに対し、債券系のETFは軒並み下がっています。下落順はTLT>BLV>LQD>BND=AGG>TIP。長期債の下落が激しいですね。

では、期間を1年に広げてみてみましょう。

AGG(赤) vs BND(青) vs LQD(緑) vs BLV(桃) vs TLT(水色) vs TIP(黒) 直近1年

AGG-BND-LQD-BLV-TLT-TIP-1y-161119.png

年始から2月にかけてと、6月のイギリスEU離脱投票でS&P500が下がって、債券ETFが上昇している傾向が見て取れます。しかし、ここ1カ月で大きく下げて、1年で見ると株式と債券のリターンは差がないという状況です。

では、最後に比較できる限り最大の期間を見てみましょう。

AGG(赤) vs BND(青) vs LQD(緑) vs BLV(桃) vs TLT(水色) vs TIP(黒) 期間最大

AGG-BND-LQD-BLV-TLT-TIP-9y-161119.png

リーマンショック前からの比較になるのですが、TLTやBLVという長期債の方がS&P500よりもリターンがいいんですよね。ちょっと引っかかる点ではありますが。

リーマンショック時は債券系のなかでは適格社債LQDが一番落ち込んでいます。社債の方が暴落時に影響が大きいということでしょうね。

12月に再度利上げがあるので、債券系ETFは更に下がる可能性もあります。しかし、利回りが上昇するといずれ株式は下落するもの。その時のことを考えるとこの機会に債券系のETFを買い増しするのは悪くはないかなと考えています。

参考情報:利回り、標準偏差(左3年、右5年)


おまけで調べた利回りと標準偏差を載せておきます。

AGG:2.43%、2.70、2.73
BND:2.08%、2.87、2.85
LQD:3.53%、4.63、5.24
BLV:3.71%、8.36、8.59
TLT:2.92%、11.22、11.22
TIP:1.26%、4.12、4.67 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1103-f8751664
該当の記事は見つかりませんでした。