関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 資産状況 > ポートフォリオ > 2016年11月終了時点資産状況
ポートフォリオ

2016年11月終了時点資産状況

portfolio-198.jpg

12月になりましたので、忘年会の季節になってきました。今週来週と予定されているのですが、正直止めてくれというのが2つはあるんですよ。無論仕事がらみなので出ていて楽しくないのですけど。

これが商談につながるとかなら多少は我慢しますけど、そういういっさいない職場ですからね。酒飲んで説教するパワハラ予備軍がいるため若手がどん引きになる光景をよく見ます。

1度見たことがあるのですけど、1年を通しての計画を会社で発表している幹部社員の中に、売上を伸ばすための施策に飲み会という項目をプレゼンで説明する人がいたんですよ。

一応他の会社の人も出ている場だったのにこれを説明するとは・・前近代的とはこういうことを言うのではないかと聞いていて思ったものです。

さて、本題に戻りまして2016年11月終了時点の資産状況を確認してみます。

スポンサードリンク
portfolio-20161201.png
port-161201.png

ただでさえ予想している人が少なかったトランプ大統領誕生で、ここまで円安が進むと予想していた人はいるんですかね?イギリスのEU離脱よりも予想外の結果だと思ったのですが、あっというまにダウは過去最高を天元突破してしまいました。

わかったことといえば、こういう世論がやや有利と思う陣営が負けた選挙において、選挙日の前後で妙に株価が上下に振れるということ。来年は欧州の主要国で選挙がありますので、特にドイツの選挙の前は荒れるんじゃないですかね?

さて、これだけ円安が進んでリスク資産はどれだけ増えるかというのは今後の参考になるかと思い調べてみましたが、リスク資産のみでだいたい7%アップといった感じです。

リスク資産に国債変動10や財形貯蓄分をカウントしているのもあるのでしょうけど、株式が上昇したものの、債券がやや下がっているのもあると思います。

ある意味自分のポートフォリオでは、これだけ円安の影響を受けるというのがわかったことはいいことかと。逆に円高が進んでも似た感じになるでしょうし。国内株式の比率が小さいので、円高→下落の影響は小さいですけど、円高になるってことは先進国株式が下がっているときでしょうから下げ幅の方が大きいかもしれませんが・・

2月頃の急速な円高の反動で元に戻ったとも言えますが、流石に大きく円安に振れているだけに今後のドル円の動きには怖さを覚えますね。ともあれ125円近くまで行った時よりは円高ですので規則に沿って投資を行っていきたいと思います。 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1116-1c74405d
該当の記事は見つかりませんでした。