関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 国内ETF > 上場から1年経過。上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(1399)を最小分散ETFと比較してみた
国内ETF

上場から1年経過。上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(1399)を最小分散ETFと比較してみた

msci1399-161204.jpg

昨年10月にiシェアーズが国内初の最小分散ETFなど日本株のETF4銘柄を東証に上場しまして、その動きに呼応するように12月初めには日興アセットマネジメント株式会社が“高配当”で“価格変動性が低い”スマートベータ型日本株ETFを販売開始しました。

関連記事

上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(1399)の現状を確認してみた
上場より1年経過。iシェアーズMSCI日本株最小分散ETFの現状を確認してみた

上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(1399)の販売開始から1年が経過しましたので、現状を確認してみようと思います。以下の基準で銘柄を選んでいるとのことですが本当に効果があるのか気になるところです。

  • GICSの業種分類の銀行、その他金融、保険、リートをユニバースから除外
  • 一カ月の値付率が85%未満の銘柄を除外
  • 一カ月の売買代金の上位400銘柄を選定
  • 配当利回りの高い上位150銘柄を選定
  • 最小分散になるように最適化を行なう手法で、同150銘柄の最適化を行なう

ということでiシェアーズの2つのETF(iシェアーズ日本株最小分散ETF:1477,日本株高配当ETF:1478)、そしてTOPIX、JASDAQと比較を行いました。

スポンサードリンク

直近半年の値動き比較(1399,1477,1478,TOPIX,JASDAQ)

1399-1477-1478-6m-161205.png

まず過去半年で見てみましょう。高配当1478(緑)と高配当低ボラティリティ1399(青)の値動きを見ますと、1399の高配当の低ボラティリティ戦略はうまくいっていると言えるでしょう。

また、TOPIXやJASDAQも上回ってますからね。トランプ相場の恩恵を高配当株は受けているといえそうです。逆に低ボラティリティ1477(赤)は確かにボラティリティの低さが顕著に表れています。

では、過去1年だとどうなるのでしょうか?

直近1年の値動き比較(1399,1477,1478,TOPIX,JASDAQ)

1399-1477-1478-1y-161205.png

過去1年ではJASDAQが好調な期間が続いていました。そんな中、高配当1478(緑)と高配当低ボラティリティ1399(青)の値動きを見る限り、高配当の低ボラティリティ戦略はうまくいっているといえそうです。一応TOPIXも上回ってますし。

過去1年の値動き見えおりますと、2月頃には高配当1478(緑)が上昇した時に、低ボラティリティの2つ(1399青、1477赤)が下がっている時があるんですね。構成銘柄の違いはあるのでしょうけど、こういうのがあると低ボラティリティも万能ではないということが言えます。

直近1年を見ると、TOPIX比較になりますが、高配当低ボラティリティ戦略はまずまずうまくいっていると言えるのではないでしょうか?中々面白い戦略ですので来年も引き続き定期的に観察しようと思います。

3つのETF(1399,1477,1478)の純資産を比較


iシェアーズ MSCI 日本株最小分散 ETF (1477) 163.06億円
iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF (1478) 140.06億円
上場インデックスファンド MSCI日本株高配当低ボラティリティ (1399) 36.71億円

iシェアーズの2つは順調に資産が流入していますね。1399は若干おいていかれている感じです。意外と最小分散の方が人気があるんだなと。今年の為替が上下に振れて、金利も大きく上昇している中では、慎重なETFに資産が流れるのも仕方のないことなのかもしれません。 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1122-bf57d493
該当の記事は見つかりませんでした。