関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > iシェアーズ米国優先株ETF(PFF)に金融セクター好調の影響はあるのか確認してみた
海外ETF

iシェアーズ米国優先株ETF(PFF)に金融セクター好調の影響はあるのか確認してみた

ishares-yuusen-PFF-20170320.jpg

ニューヨークダウは21000ドルを一時超えましたが、その後も21000ドルになっておかしくないような値で推移しています。

しかし、1年前はどうだったかというと17000ドル台でしたし、イギリスのEU離脱投票の時には大きく下がっていました。こうして過去1年を振り返ってみると4000ドルもニューヨークダウは上がってるんだなと。

では、米国株のセクターで過去1年のパフォーマンスを調べてみると以下の通りでした。

amerika-sector-1y-20170320.png

右端の金融セクターが図抜けてパフォーマンスがいいんですね。金融セクターがこれだけ好調なのですから、金融関連の比率が高いETFもパフォーマンスがいい可能性があるのでは?と思いました。また、金融関れの比率が高いiシェアーズ米国優先株ETF(PFF)もパフォーマンスがどうなっているのか気になりました。

米国優先株ETF(PFF)関連記事

米国優先株ETF(PFF)を調べてみた
米国優先株ETF(PFF)は株価不調時にどうなのか調べてみた
金融関連の比率が大きいiシェアーズ米国優先株ETF(PFF)と米国金融セクターETF(VFH)を比べてみた

株価不調時にどうなるかとか金融セクターとの関連性を調べてみましたが、じゃあ株価好調時はどうなっているのか?現状を確認してみました。

スポンサードリンク

iシェアーズ米国優先株ETF(PFF)セクター別比率


PFF-sector-20170320.png
参考:iシェアーズHP

iシェアーズのHPで業種別の比率の情報を見ますと、銀行、各種金融、不動産、保険で80%ですので金融関連が多い印象ですね。一応、公益事業やエネルギー、医薬品なんかも一定比率含まれています。

では、現状のパフォーマンスを確認してみましょう。

iシェアーズ米国優先株ETF(PFF)パフォーマンス


S&P500(ピンク)以外に以下のETFと比較を行います。

バンガード・米国金融セクターETF (VFH) 水色
バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND) 青
iシェアーズiBoxx 米ドル建て投資適格社債ETF(LQD) 緑

金融セクターと毎月分配の性質があるため米国債ETFと米国適格社債と比較します。まずは、直近1年。

PFF-BND-LQD-SPY-VFH-1y-20170320.png

昨年11月以降、水色の金融セクターETF(VFH)が大きく上昇していて、ピンクのS&P500も20%近く上昇しています。これに対して赤の優先株ETF(PFF)は11月に下落した後じりじりと上昇していますが、債券ETFと余り差のない状況となっています。

セクター別の比率で銀行40%も占めているのに、金融セクターとは異なる動きをするのは不思議ですね。

では、過去10年のパフォーマンスを見てみますと・・

PFF-BND-LQD-SPY-VFH-10y-20170320.png

長期で見ると水色の金融セクターETF(VFH)がパフォーマンスが1番よくないですけど、リーマンショックで壊滅的な状況から回復してきてはいます。

優先株ETF(PFF)を見ていると青のバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)の安定ぶりがよくわかります。

米国優先株ETF(PFF)まとめ


米国優先株ETF(PFF)は金融関連の企業の比率が高いETFですが、バンガード・米国金融セクターETF (VFH)と余り相関性はなく、金融セクターが好調でもその影響を受けていませんでした。

現状の金融セクターの好調さを見ると、いつかは不調になるときもあるでしょうから、米国優先株よりは米国適格社債ETF(LQD)等の方が自分には合っているかなと考えます。

スポンサードリンク
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1232-525b4ec1
該当の記事は見つかりませんでした。