東南アジア

ベトナムを応援したい

ベトナムと中国がもめてる件もありますが、東南アジア関係で投資できるETFがあるか探してみました。といっても、ETFはタイやらインドネシアやらフィリピンやら単一国のものしかないようです。インデックスファンドはあるか?と思って探してみたらあった。

i-mizuho東南アジア株式インデックス」

i-mizuhoはブラックロックとみずほが組んだものですが、みずほ証券とみずほ銀行限定でした。SBI証券がEXE-iを他証券会社へと販売網を拡大しておりますが、こちらはそういった話を聞かないような・・

mizuho.png

みずほ先生からこんな目で見られるように若干疑問に持たれる感じがします。


スポンサードリンク
i-mizuhoは22くらいファンドがあるようですが、東南アジア株式インデックスは、国内株式、国内リートに続いて3番目の純資産(4.18億)米国株式やハイイールド債よりも上です。東南アジアに投資したいって人はやっぱり多いんですねぇ。新興国株式だとどうしても中国韓国という邪魔なのが入ってると思う人多いですしねぇ。

構成比率を見てみると以下の通り。

シンガポール 39.7%
マレーシア 25.5%
タイ 14.7%
インドネシア 14.5%
フィリピン 2.5%
その他 1.6%

業種別を見ると

銀行 33.7%
電気通信サービス 14.9%
資本財 7.6%
公益事業 3.9%
エネルギー 3.5%
食品飲料タバコ 3.4%
消費者サービス 3.3%
自動車関連 2.9%
素材 2.5%
不動産 1.5%

銀行の比率が高いですねぇ。金融危機を起こしたこともあるので、若干怖さがあるのも否めないとこでありますが。信託報酬がマレーシアとかタイのETFと変わらない点を見ると、買う価値はあるのですが、わざわざみずほに口座作るほどではないかなと思います。



関連記事
関連するタグ:i-mizuho 東南アジア株式 インデックスファンド

テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR