関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 読書 > 人口減少が進み働き手が減る中、どう対処すべきか?人口と日本経済を読んで
読書

人口減少が進み働き手が減る中、どう対処すべきか?人口と日本経済を読んで

KINU160324040I9A5101_TP_V.jpg

高齢化が進むと同時に労働人口も減少しており、日本は国だけではなく企業も対策をしなければならない状況です。

では、人口と経済の関係って実際のところどうなのか?余りこういう観点で書かれた本って少ない印象なんですが、吉川洋氏の「人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)」がよさそうなので図書館で予約したのですが・・予約で順番が回ってくるのに4か月ぐらいかかりました。

借りてびっくりしたのですがページ数がかなり少ない。しかし、中身を読んでいくと過去の日本や欧州、アメリカの過去のデータから分析しているので内容が凝縮されている感じでした。戦前の日本は、平均寿命や寿命のジニ係数(不平等度)から見れば、大いに問題があった等、色んな意見に関してこうだったと調査結果を載せている内容は良かったと思います。

個人的には読んでいて以下の2点の感想を持ちましたね。

スポンサードリンク

経済成長と人口はほとんど関係がない


経済成長と人口の関係ですが、経済成長と人口はほとんど関係なく、労働生産性が上昇すればプラスになるそうです。労働生産しの向上というとモチベーションとか一人一人のパフォーマンスとかではなく、インフラ等も含めた資本蓄積とハード面だけに頼らないイノベーションが重要であると説いています。

労働生産性とイノベーションは私の職場でもさんざん言われていて中々具体的な施策は出てこないものではありますが、経済成長を目指すうえでは必要だと思いますし、日本は労働生産性の部分って改善余地が大きいんじゃないかと思うんですよね。

経済成長といっても吉川氏は何が何でも成長ではなく、成熟した先進国においてもそれぞれの経済に合った経済成長という意見なのも好感がもてましたね。

経済成長不要論というのをたまに見かけますが・・


最近、また経済成長不要論的な意見を新聞が載せたりしているんですが、個人的に185pに書かれていることに集約されると思うんですよ。

それぞれ自分にあったペースで歩行している方が心地よいのと同じように、成熟した先進国においてもそれぞれの経済に合った経済成長の方がゼロ成長よりはるかに自然だ。ゼロ成長の下では現役世代とりわけ若い人たちの雇用は劣化していかざるえない。そうした観点からもやはり成長は必要だ。


60代ぐらいの人が経済成長不要とか言ってたのを見たのですが、就活~我々の世代は入社して数年という状況でリーマンショックに遭遇し、それがおさまり始めたら東日本大震災を経験してるんです。経済成長不要とかいいますけど、間違いなく新卒社員の雇用の影響は大ですからね。逃げ切り濃厚な人たちが成長は不要と発言するのはいかがなものかと思います。

以前全員で貧しくなろう的なことを言って問題になっていましたが、そりゃ平等は大事でしょうけど、ポルポトのカンボジアにおける原始共産主義社会的なものを感じますし、近30年~40年の世界の歴史を知っていればそんなこと言えないはずですがね。

そういう意味で今回「人口と日本経済」を読んでやっぱり一定比率の経済成長は必要なんだなと改めて考えさせられました。

follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1257-9b757364
該当の記事は見つかりませんでした。