関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外株式 > 米国株 > シリア、北朝鮮情勢が緊迫する中、宇宙航空・防衛関連の米国企業について調べてみた
米国株

シリア、北朝鮮情勢が緊迫する中、宇宙航空・防衛関連の米国企業について調べてみた

ZUB92_DSC_3314_TP_V.jpg

4月に入りまして、シリア情勢や北朝鮮情勢が緊迫しております。シリア情勢に関してはアメリカとロシアの対立が再びという感じでそこまで空転する状況まではまだ行かない状況のように見えますが、問題は北朝鮮情勢。何を考えているかわからない国な上に、核開発を進めている状況ですから株価や為替にも影響を与えている状況ですね。

こんな状況下になりますとミサイル防衛に関する議論も出てくるわけですが、技術のキーとなってくるのはアメリカの航空宇宙・防衛企業になってくるでしょうね。

以前、米国の航空宇宙・防衛関連に投資するETFに関して記事にしました。

関連記事:iシェアーズ・米国航空宇宙・防衛ETF (ITA)を調べてみた

ITA設定以来過去14年程度のパフォーマンスをiシェアーズのS&P500ETFと比較した結果が以下なのですが、赤のITAが圧倒的なパフォーマンスです。

ITA-IVV-14y-20170414.png

ITAは大手ネット証券で購入できない状況なのです。ということでETFの構成上位企業に関しては購入可能なので構成上位5社について今回は確認してみました。

スポンサードリンク

iシェアーズ・米国航空宇宙・防衛ETF (ITA)構成上位5社


ボーイング(BA)
ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)
ロッキード・マーチン(LMT)
ジェネラル・ダイナミクス(GD)
レイセオン(RTN)

一番軍事的な要素が強い企業としては5番目のレイセオンでしょうね。ミサイル防衛・情報・監視・偵察・精密攻撃あたりの軍事機密事項を取り扱っているので、早くミサイル防衛に関する技術を確立してほしいというのが日本人としても意見です。

では、5社のパフォーマンスはどうなのか?S&P500と比較してみました。

iシェアーズ・米国航空宇宙・防衛ETF (ITA)構成上位5社 vs S&P500 直近

過去1カ月


BA-UTX-LMT-GD-RTN-1m-20170414.png

まず上位5社とS&P500の直近1カ月の値動きを見てみました。黒がS&P500ですが、シリアへの攻撃という軍事的に大きな動きがありましたが、5社の株式はS&P500比較でそこまで大きな変動はないですね。

では、過去1年でみるとどうなのでしょうか?

iシェアーズ・米国航空宇宙・防衛ETF (ITA)構成上位5社 vs S&P500 過去1年


BA-UTX-LMT-GD-RTN-1y-20170414.png

過去1年で見ると黒のS&P500をユナイテッド・テクノロジーズ以外は上回っています。特にボーイングとジェネラル・ダイナミクスが好調です。

ユナイテッド・テクノロジーズが冴えないのは、傘下のプラット・アンド・ホイットニーが昨年の新型ジェットエンジン納入目標を達成できなかった影響を受けてのようです。

過去1年でもS&P500を上回る企業が多いのですが、これをイラク戦争前の2000年頃から見てみますと・・

BA-UTX-LMT-GD-RTN-17y-20170414.png

全社4倍以上、ロッキード・マーチンに至っては14倍以上になっていて全社S&P500を大きく上回っています。

軍需産業ですので当然世界各国で使用される武器となりえるわけですが、世界で最先端の技術と軍事力をアメリカが持っているのでここまで株価が上がるのでしょうね。

軍事関連技術としては、インターネット、コンピュータ、電子レンジ等は軍事関連技術の転用で今では世の中に欠かせない技術となっています。軍事関連企業が技術開発を進めることで我々一般市民にも恩恵がありますので、日本でも防衛省から研究費を貰って、民間に転用できる技術を発展させるということも必要なんじゃないかと考えます。 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1259-2921f9aa
該当の記事は見つかりませんでした。