Top Page > インデックスファンド > EXE-i > EXE-i総資産額推移2017年4月度編

EXE-i総資産額推移2017年4月度編

exe-i.png

信託報酬が低コストでインデックスファンドであるETFを複数組み合わせることにより、『従来にはないインデックスファンドの“かたち” 』をご提案するということで4年前に運用開始されたSBI証券のEXE-iシリーズ。

更なる低コストファンドが出てきて一部はコスト最安ではなくなっておりますが、バンガードのETFのコストが下がることで、ファンドのコストも下がることが多く、ここ数年で何度もコストダウンしております。

そんなEXE-iシリーズの総資産額推移等を定点観察するのが本シリーズの趣旨です。

前回は以下のような感じでした。

先月の結果の記事:EXE-i総資産額推移2017年3月度編

先月終了時点の資産のまとめは以下の通りです。


スポンサードリンク

EXE-iシリーズ総資産額推移

EXE-i-20170502.png

EXE-iシリーズ各ファンド資産推移


内訳と先月からの推移(4/30時点)は以下の通り。

先進国株式 53.45憶⇒55.05億
新興国株式 47.78億⇒50.12億
中小型株式 36.54億⇒37.94億
先進国債券 13.82億⇒13.61億
全世界REIT 25.97億⇒26.70億
ファンド合計 177.56億⇒183.42億

総資産額は5.86億増という結果になりました。為替が月末比較で左程変わらず、新興国株式は好調ということで資産が増えています。

相変わらず新興国株式が絶好調でとうとう先進国株式との総資産額の差が5億を切ってきました。先進国株式はコスト的にニッセイやeMAXIS Slim等コスト面で下のファンドが複数ある状況なんですけど、新興国株式に関してはコスト面で未だに優位な立場ですからね。コストダウンの余地も残しているため人気が集まっているようです。

ただ、この状況が続くかというとバランス型ファンドでeMAXIS Slimシリーズが動いてきましたからね。次に動くとすれば新興国株式なんじゃないかと思われますが。他の競合ファンドも新興国株式に関しては低コストのファンドが登場していないのを見ますと、eMAXIS Slimシリーズで新興国株式を設定する場合もコストの設定は難しそうな印象ですけど。

ともあれ今年はまだ低コストファンドの登場という話で大きな動きがありそうな気がします。
関連記事
関連するタグ:インデックスファンド EXE-i EXE-i新興国株式ファンド EXE-iグローバル中小型株式ファンド EXE-i先進国債券ファンド EXE-iグローバルREITファンド EXE-i先進国株式ファンド

テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR