関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > インデックスファンド > EXE-i > EXE-i総資産額推移2017年4月度編
EXE-i

EXE-i総資産額推移2017年4月度編

exe-i.png

信託報酬が低コストでインデックスファンドであるETFを複数組み合わせることにより、『従来にはないインデックスファンドの“かたち” 』をご提案するということで4年前に運用開始されたSBI証券のEXE-iシリーズ。

更なる低コストファンドが出てきて一部はコスト最安ではなくなっておりますが、バンガードのETFのコストが下がることで、ファンドのコストも下がることが多く、ここ数年で何度もコストダウンしております。

そんなEXE-iシリーズの総資産額推移等を定点観察するのが本シリーズの趣旨です。

前回は以下のような感じでした。

先月の結果の記事:EXE-i総資産額推移2017年3月度編

先月終了時点の資産のまとめは以下の通りです。

スポンサードリンク

EXE-iシリーズ総資産額推移

EXE-i-20170502.png

EXE-iシリーズ各ファンド資産推移


内訳と先月からの推移(4/30時点)は以下の通り。

先進国株式 53.45憶⇒55.05億
新興国株式 47.78億⇒50.12億
中小型株式 36.54億⇒37.94億
先進国債券 13.82億⇒13.61億
全世界REIT 25.97億⇒26.70億
ファンド合計 177.56億⇒183.42億

総資産額は5.86億増という結果になりました。為替が月末比較で左程変わらず、新興国株式は好調ということで資産が増えています。

相変わらず新興国株式が絶好調でとうとう先進国株式との総資産額の差が5億を切ってきました。先進国株式はコスト的にニッセイやeMAXIS Slim等コスト面で下のファンドが複数ある状況なんですけど、新興国株式に関してはコスト面で未だに優位な立場ですからね。コストダウンの余地も残しているため人気が集まっているようです。

ただ、この状況が続くかというとバランス型ファンドでeMAXIS Slimシリーズが動いてきましたからね。次に動くとすれば新興国株式なんじゃないかと思われますが。他の競合ファンドも新興国株式に関しては低コストのファンドが登場していないのを見ますと、eMAXIS Slimシリーズで新興国株式を設定する場合もコストの設定は難しそうな印象ですけど。

ともあれ今年はまだ低コストファンドの登場という話で大きな動きがありそうな気がします。 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1277-39b3e9bb
該当の記事は見つかりませんでした。