関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > ウォール街のランダム・ウォーカーに載っていた株式のお勧めポートフォリオを5ヶ国程度で作って検証してみた
海外ETF

ウォール街のランダム・ウォーカーに載っていた株式のお勧めポートフォリオを5ヶ国程度で作って検証してみた

random-walker-portfolio-20170514.jpg

昨年の4月にウォール街のランダム・ウォーカーの11版を読んで早1年が経過しました。

関連記事:ウォール街のランダム・ウォーカーに載っていた株式のお勧めポートフォリオを検証してみた

発売された時にお薦めポートフォリオのパフォーマンスを検証しましたので、先週1年経過後どうなっているか確認しました。ただ、先進国株式と新興国株式に分散しているせいかS&P500に負けている状況でした。

参照記事:ウォール街のランダム・ウォーカーに載っていた株式のお勧めポートフォリオをバンガードのETFで検証してみた

S&P500との差を見てみますと、先進国+新興国分でパフォーマンスが下がって、ボラティリティが上がっているわけですから、上手く数か国抽出するともっとS&P500とも差が縮まる可能性があるのではないかと考えました。どういう風に抽出したらよくなるか今のところノーアイディアですが、ちょっと考えてみようかと思います。

じゃあ、米国外先進国株式、新興国株式部分を分散したETFから数カ国に買えるとパフォーマンスがよくなるのではないかと考えまして、今回検証してみようと思います。

ちなみに前回の結果は以下の通りでした。

S&P500: 過去1年リターン:18.1%、ボラティリティ:9.7% 過去9年リターン:125.4%、ボラティリティ:21.0%
ポートフォリオ: 過去1年リターン:18.6%、ボラティリティ:12.0% 過去9年リターン:74.8%、ボラティリティ:23.4%
VT: 過去1年リターン:17.6%、ボラティリティ:11.7%、過去9年リターン:65.1%、ボラティリティ:23.1%
※ポートフィリオ=アメリカ株式:49.1% 先進国株式:25.45% 新興国株式:25.45%

今回はポートフォリオの先進国株式と新興国株式の部分をそれぞれ以下の条件で2カ国抽出して調べてみました。

スポンサードリンク

①PERが高い国(イタリア、イギリス、南アフリカ、メキシコ)


米国株の比率は一定で米国外先進国株式から2カ国、新興国株式から2カ国抽出します。まずは直近でPERが高い国を選びました。

イギリス:iShares MSCI United Kingdom ETF(EWU)
イタリア:iShares MSCI Italy Capped ETF(EWI)
メキシコ:iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF(EWW)
南アフリカ:iシェアーズMSCI南アフリカETF(EZA)

インドも高いのですが運用期間が短いため後述するとして、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の運用開始時期とほぼ同じ過去9年で調べてみました。

VTI-EWU-EWI-EWW-EZA-9y-20170514.png

過去9年リターン:68.5%、ボラティリティ:24.0%となっていて、バンガード・トータル・ワールド・ストックETFにはパフォーマンスで勝っているものの、マルキールのポートフォリオにはパフォーマンスで負けていました。

では、他の指標で見てみようと言うことでGDPが大きいかの4カ国で調べてみました。

②GDPランキング上位(日本、ドイツ、中国、ブラジル)


上記同様インドを外してブラジルを入れてみました。

日本:iShares MSCI Japan ETF(EWJ)
ドイツ:iShares MSCI Germany ETF(EWG)
中国:iシェアーズ中国大型株ETF(FXI)
ブラジル:iシェアーズMSCIブラジル・キャップトETF(EWZ)

VTI-EWJ-EWG-FXI-EWZ-9y-20170514.png

過去9年リターン:67.0%、ボラティリティ:23.5%となっていて、①よりボラティリティは低下したものの、リターンもやや低下する結果になってしまいました。

2カ国ずつ抽出してもリターンが上がるとは限らないようですね。一応資源国は余り入れないように選らんでいるんですけどね。ということで、最後に自分が良いのではないかと思う4カ国を選んで調べてみました。

③個人的におもしろいと思う国を抽出(スイス、スウェーデン、インド、フィリピン)


スイス:iShares MSCI Switzerland Capped ETF(EWL)
スウェーデン:iShares MSCI Sweden ETF(EWD)
インド:ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
フィリピン:iシェアーズMSCIフィリピンETF(EPHE)

インド株式ETFを探してiSharesのETFよりも期間が長いウィズダムツリーのETFを使用して過去7年で調べてみました。

VTI-EWL-EWD-EPI-EPHE-7y-20170514.png

過去7年リターン:90.1%、ボラティリティ:15.7%でした。S&P500とバンガード・トータル・ワールド・ストックETFは以下の通り。

    S&P500 過去7年リターン:138.6%、ボラティリティ:14.5%
    バンガードETFポートフォリオ(VTI+VWO+VEA): 過去7年リターン:81.7%、ボラティリティ:16.2%
    バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) 過去7年リターン:75.6%、ボラティリティ:16.3%

個人的にはいいチョイスだと考えたのですが・・S&P500との差は大きいですね。VTやバンガードETFのポートフォリオには勝てていますが、S&P500との差を埋めるのは中々難しそうだなと調べていて思いました。

米国株と新興国株+米国外先進国株を半分に分散するとこんな感じでしたが7:3とかにするとどうなるか?とか今後も色々と調べていきたいですね。 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1294-6e44d3c3
該当の記事は見つかりませんでした。