Top Page > 海外ETF > HDV > i シェアーズHigh Dividend ETF(HDV) まさかの経費率大幅値下げ

i シェアーズHigh Dividend ETF(HDV) まさかの経費率大幅値下げ

HYIP de orz記事より
海外ETFの情報が充実しているため参考しているサイトを出張先からの移動中に見てました。見てて思わずハラショーといいたくなる事象です。
90140af9.jpg
参考元URLは以下の通りです。
iShares Doubles 'Core' Lineup To 20 ETFs
こちらでも記事になってます。

僕が投資を始めた頃は海外ETFiSharesVanguardというと前者が後者と比較してコストが高いという印象でした。これがアメリカでは自国のETFなわけです。当然iSharesからVanguardのETFへ資金が流入していたようです。

iSharesはそこでi シェアーズ コアというブランドを立ち上げて、Vanguardと被っている一部ETFの経費率をVanguard並に下げたのです。そして今回iSharesが一部ETFの経費率を更に値下げしました。

6本が既存のETFから模様替え、残り4本は新規に設定されたそうです。それだけならここまで言わないんですが、僕が最近気にしてたあるETFが含まれてました。ちなみに気にしてかは以下で書いておりました。

高配当ETFの違いを調べてみよう
HDVと1589の配当ってどうなっているのか?

今回経費率が値下げになった中に以下が含まれておりました。

i シェアーズ コア High Dividend ETF(HDV)  0.40%→0.12%

というか値下げがものすごいです。今までの経費率は何だったんでしょうか?


スポンサードリンク
これは競争の一環と見ていいでしょう。というのもvVnguardの米国増配株(VIG)、米国高配当(VYM)はいずれも経費率0.1%。0.4%だと高く見えちゃいますしね。

まぁ、0.4%でも価値はあったんですけどね。というのもVYMは390ぐらいの銘柄で構成されておりますが、HDVは以下の特徴があります。

  • ビジネス構造、独自性の面で持続的競争力が高い企業を選定
  • 将来的なデフォルトの可能性が低い企業を選定
  • 2つを満たす企業の内、上位75銘柄が投資対象

バフェットやシーゲルの考えがかなり入っているETFといえます。JDRの1589が米国30%課税がなければ日本で購入していいんですが、それがないなら米国で買うしかないですね。JDRに関しては何とかしてほしいんですけど。これを受けてVanguardはどういう動きをするのか?注視しておこうと思います。

しかし、iSharesは一部からかなりの支持があるKXI(生活必需品セクター)は値下げしないんだなぁ。グローバルヘルスケアなのが理由かもしれない。



関連記事
関連するタグ:海外ETF iShares HDV Vanguard 1589

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR