Top Page > 海外ETF > バンガードETF > 増配(VIG)と高配当(VYM)の違いを調べてみよう

増配(VIG)と高配当(VYM)の違いを調べてみよう

米国も日本も色々とありそうな状況となりつつある株式市場。
別のとこに自分が書いたのを改変して載せます。

NISAの投資対象の調査の一環でバンガードのETFでもと思い調べてみました。
VIGとVYMです。
前者がアメリカの連続増配企業、後者が平均以上の配当出してる企業。
去年の12月頃調べてみてメモしてたのだが、
リスクの低さでは前者かと思い組み入れ上位企業を
後者と比較したら組み入れ上位15のうち11がVYMと重複している。
上位10企業で36.3%であるが、そのうち29.3が重複。

vym.png

値動きが似た形になっているのはこれが原因かもしれない。
ただ、2009年からほぼ同じ値動きなのってどういうこと?という疑問がないわけでもない。
前者にあって後者にないの有名企業はNIKEとか、
後者にしかないのは、マイクロソフト、フィリップモリス、ジョンソン&ジョンソン・・
後者の方がいい気がするが・・




スポンサードリンク
業種別に見てみると、VIGはConsumer GoodsとIndustrialsが20%超えてるのに対し、
VYMはConsumer Goods15.4%がMAXと業種が比較的均等に分散させよう?としている気がする。
シーゲルの主張に近いのはVIGってことになるのかもしれない。
VYMの類似のETFは他にもあり、今度はそれとの比較を行う予定です。
関連記事
関連するタグ:海外ETF VIG VYM

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR