関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > バンガードETF > バンガードの増配ETF(VIG)と高配当ETF(VYM)の違いを調べてみよう
バンガードETF

バンガードの増配ETF(VIG)と高配当ETF(VYM)の違いを調べてみよう

VIG-VYM.jpg
更新日:2017年7月29日

米国も日本も色々とありそうな状況となりつつある株式市場。

NISAの投資対象の調査の一環でバンガードのETFでもと思い調べてみました。

バンガード・米国増配株式ETF(ティッカー:VIG)とバンガード・米国高配当株ETF(ティッカー:VYM)です。

前者がアメリカの連続増配企業、後者が平均以上の配当出してる企業に投資を行います。

去年の12月頃調べてみてメモしてたのですが、リスクの低さでは前者かと思い組み入れ上位企業を後者と比較したら組み入れ上位15のうち11がVYMと重複している。上位10企業で36.3%であるが、そのうち29.3が重複。

スポンサードリンク

パフォーマンスとETFの構成を見てみると


パフォーマンスを見てみると、値動きが似た形になっているのはこれが原因かもしれない。

vym.png

ただ、2009年からほぼ同じ値動きなのってどういうこと?という疑問がありますね。

前者にあって後者にないの有名企業はNIKEとか、後者にしかないのは、マイクロソフト、フィリップモリス、ジョンソン&ジョンソン・・後者の方がいい気がしますが・・

業種別に見てみると、VIGはConsumer Goods(生活必需品セクター)とIndustrials(資本財セクター)が20%超えてるのに対し、バンガード・米国高配当株ETF(VYM)はConsumer Goods(生活必需品セクター)15.4%がMAXと業種が比較的均等に分散させよう?としている気がします。

シーゲルの主張に近いのはバンガード・米国増配株式ETF(VIG)ってことになるのかもしれない。バンガード・米国高配当株ETF(VYM)の類似のETFは他にもあり、今度はそれとの比較を行う予定です。

スポンサードリンク

シェアする
フォローする follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/18-75a36629
該当の記事は見つかりませんでした。