関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 読書 > 投資関連本 > 節約でも投資でも学べることは多い良書!私の財産告白を読んで
投資関連本

節約でも投資でも学べることは多い良書!私の財産告白を読んで

他の投資系ブログでもよく取り上げられている本です。

貧農に生まれながら苦学して東大教授になり、「月給4分の1天引き貯金」を元手に投資して巨万の富を築いた男、本多静六。

この方は人生の目標をきっちり立てられていた方でして、70歳以降に書籍を書くという目標を達成していくつか書籍を残した。その書籍の中で、金銭に関する不変の真理が書かれたものです。

あくまで但し書きですが、本に書かれていることは明治終りから戦後直後までの話であるので、現代で適用できるかというと不明な点はあります。

後、これはご家族の理解が大きいと思いました。家庭を預かるものならマネをしようとすると、まずは家計の財布を握ることが必須と言えるでしょう。

スポンサードリンク
まずどうやって財産を築いたかといいますと、株式投資・山林投資・不動産投資の成功です。不動産投資や山林投資に関しては明治や大正の時代だから上手くいった面もありそうです。

ただ、そういった機を捉えたというのは観察眼がすごかったのでしょう。個人的に努力を強調される人ですので、その点は余り共感したくないところがありますけど、基本的にお金の部分に関してはかなり共感できます。

財産を増やすためにはどうするのか?基本的に貧乏というものは退治するものという農家出身から東大教授になった人生観に基づくことが大きいのですが、主に以下の2条件。

「収入の1/4を貯蓄する」
「好景気時には貯蓄をし、不況時に投資する」

投資の第一条件は安全確実である。
とありましたが、絶対安全をのみ記していては、いかなる投資にも、手も足も出ないので、絶対安全から比較的安全を目指すとのこと。

1/4を貯蓄し、比較的安全に運転していれば雪達磨式で、中心になる球がどんどん面白いように大きくなるとのこと。

個人的に理想の貯蓄⇒投資の流れかなと思います。

個人的にもう一度給料明細を見て自分がどれほどできているか確認したいなと思います。四十までは勤倹貯蓄、生活安定の基礎を築くとありましたので、それを目標に日々頑張っていきたいともいます。

スポンサードリンク
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/197-ec377244
該当の記事は見つかりませんでした。