関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 日記 > ヨーロッパで独立問題が燻っている件
日記

ヨーロッパで独立問題が燻っている件

投資関連の書こうと思ったのですが、深夜にサッカー見たりして、サッカーが盛んな地域の話を書きたくなりました。

昨夜は18時から飲み会で帰宅が11時ちょっと前になったのですが、家に帰ってパソコンとテレビでブンデスリーガの二元中継を見ておりました。

ドルトムントはやはり最先端の戦術を使っており、プレミアリーグ見てても明らかに退化した戦術を取っているマンチェスター・ユナイテッドとは違いがかなり明白であると思うのです。

そのマンチェスター・ユナイテッドというとその象徴がアレックス・ファーガソン

E38395E382A1E383BCE382ACE382BDE383B3E79BA3E79DA3E7AC91E9A1942013.jpg

彼はスコットランド人でスコットランド代表監督経験者であります。そのスコットランドが独立するんじゃないか?ということでニュースになっております。スコットランドに関しては、分離独立投票の世論調査で独立派が優勢とのこと。

分離独立しても北海油田があるから経済は問題ないと独立派は言っておりますが、北海油田自体イギリス側に関しては採掘量が減少傾向なのです。北海油田に関しても仮に独立してもスコットランドが100%収益を得れるわけではありません。

また、スコットランドに本社を置いている銀行等も独立したらイングランドに移転するという企業もあり、独立したとして、経済的にやっていけるのか疑問がもたれているものです。果たしてどうなるのでしょうか?

ユーロがあるから大丈夫で独立するとユーロがまたぐらつきかねませんし、似たような地域といえるアイルランドの経済が酷い状況になったの見ると独立が得策なのか微妙だと思います。

このスコットランドの問題よりも更に厄介なのがスペインの問題です。スコットランドの独立問題を見て俺たちもとカタルーニャとバスクで独立機運が高まっているようです。

スポンサードリンク
この2地方は民族的な問題や内戦時にマドリードから迫害された歴史を持っており、
バスクは特に過激派も存在したりと複雑です。
※特にバスクは民族意識が強く、サッカーチームのアスレチックビルバオは
  バスク純血主義を未だに貫いておりますが(制度はゆるくなってます)、
  未だに一度も降格せず、今期はチャンピオンズ・リーグに出場するぐらい強いです。
  同じくバスク地方にあるレアル・ソシエダとのバスクダービーはダービーマッチなのに
  選手の引き抜きがあった直後を除いて友好的なことが多いようです。

しかし、スペインの一地方なわけですから経済問題が・・という話になりますが、
バスクに関しては一人当たりのGDPはEUの平均よりも20%高く、
スペインの中でもっとも豊かな地方とされています。

カタルーニャに関しては自治権を求める投票で2/3を超える賛成票があったこともあり、
独立投票になると独立賛成派が勝つ可能性が高いといわれております。
元々スペイン内戦時共和国派の首都が置かれた地域で、
スペイン経済の主要な牽引役となっています。
特にスペイン経済の占める割合がイギリスに対するスコットランドの比ではないのと、
スペイン内戦やフランコ独歳時を経験した人も多くいるため、
独立投票となると勝つ公算が高いでしょうね。

スコットランドやカタルーニャの話を見ていると収入源持っている地域の独立は
今後多くなるかもしれませんね。通貨はEUがあるという理屈が欧州圏ではできますから。

こうしてみると沖縄独立を唱える人がいるようですが、
経済圏も握っておらず、交付金と米軍の収入がなくったとしたら、
間違いなく干上がるでしょう。
もっとも中国軍と韓国軍を駐留させると意味不明なことを唱えておりますが、
そうなった場合に沖縄がどうなるかの思考がないようです。
観光業もカタルーニャと比較しても大したものではないでしょうし。

しかし、民族で国境線引き直すとなると、
一番問題なのは漢民族移植で民族浄化やってる中国とウクライナの一部を手に入れたロシア。
欧州はスコットランドが独立した場合認めたとすると、
やっていることはダブルスタンダードになります。
この辺をちゃんんとやるのは国連のはずなのですがね。
ベルギーもフランス圏とオランダ圏で分離しそうな気配もありますので、
この独立問題は引き続きニュースを見るなどして気にしておく必要があるでしょう。


ちなみにサッカーのもっとコアな話。
スペインはポルトガルの上の方にあたるガリシア地方も独立を求める声があるとか。
まぁ、バスクやカタルーニャよりは独立が現実的ではないでしょう。
ここの中心都市はラコルーニャ。
サッカー好きは2000年代前半までリーガ4強の1角として、
デポルティーボ・ラコルーニャを思い浮かべる人が多いでしょう。
90年代後半から2000年代前半にかけてチャンピオンズリーグでジャイアントキリングをかなり起こしており、
スーペルデポル といわれておりました。
それが次第に弱体化してここ4年で1部→2部→1部→2部で今季は再び1部。
何とか復活してくれないですかねぇ・・一度破産しているようですけど・・
強かった時のメンバーでバレロンもチームを去り残っているのはマヌエル・パブロのみ。
今期も現実的に残留が目標でしょう。何とか頑張ってほしいものです。

スポンサードリンク

シェアする
フォローする follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/237-4b30d1e5
該当の記事は見つかりませんでした。