Top Page > 投資信託 > セゾン投信と日本郵政の業務・資本提携

セゾン投信と日本郵政の業務・資本提携

火曜日休日出勤で出たせいで、疲労がたまっておりまして、必要な買い物とディスカウントストアでの月1の買い物が終わると引きこもっておりました。

昨日のいつ頃だったかな?yahooのトップを見ると、「セゾン投信日本郵政の業務・資本提携」という記事。ちなみに私のメインバンクはゆうちょ銀行ですので、ゆうちょ何するんだ?という感じで記事を開きました。

日本郵便、クレセゾンと資本業務提携 セゾン投信の株式40%取得

日本郵政グループ[JP.UL]の日本郵便は26日、クレディセゾン<8253.T>と資本・業務提携を結び、セゾン投信の株式40%を取得すると発表した。郵便局でセゾン投信の広告宣伝活動を行うとし、現時点で投信の販売は予定していない。

日本郵便がセゾン投信の第三者割当増資を8億円で引き受ける。来年4月1日までに、具体的な提携内容を詰める。セゾン投信はインターネットや電話での販売が主で、郵便局店頭でセゾン投信の商品の宣伝や、郵便局での投資セミナーを開催するとしている。

日本郵便は、セゾン投信の投資に関心のある若い顧客層を新たな郵便局の顧客として取り込みたいとしている。

あれこれセゾン投信との業務提携じゃないか?とびっくりいました。

リンク先でも記事になってますね。
セゾン投信と日本郵政の業務・資本提携に直販投信の課題を見た
セゾン投信が日本郵便と資本提携&業務提携!果たしてどんな内容だ??

セゾン投信に関しては、海外ETF使って投資しているので今のところ購入する気はないのですけど、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのFOF形式で、世界の債券と株式に分散投資というのは自分のポートフォリオを構築する上で考えとして合致する部分があります。

ただし、シーゲルの考えも取り入れてたり、株式:債券の比率は7:3ぐらいまで柔軟に変化させるべきという考えですけど。そういう意味でどうなってるのか、応援されているブログを読んでウオッチしておりました。

せっかく提携するようですが、ゆうちょ銀行を通して直販するわけではないようです。まぁ、セゾン投信側からするとゆうちょ銀行が販売手数料取ったりしたら理念が・・といわれかねないですし。

ゆうちょ銀行では、eMAXISとかも取り扱ってるようなんですが、最低購入価格が高いですし、直販投信であるセゾン投信とは異なり、ゆうちょ銀行が窓口となって販売している投資信託は販売手数料がそれなりのものもあります。

ただし、有効活用する手法はあるのです。土曜日なんかに大きい郵便局のATMでよくお金を下ろすのですが、セミナー開く会議室的な場所で何かやってることがあります。セゾン投信は社長自らセミナーで積極的に講演されているようですので、販売力を増やすのに有効活用するんでしょうね。

無論今後日本郵政側がそのまま経営に何も関与しないのか?という疑念は残りますけど。


スポンサードリンク
独立系投信会社というと以下の順番という認識です。

  • さわかみ投信
  • セゾン投信
  • ひふみ投信(ひふみプラスも込)
  • 鎌倉投信

このうち鎌倉が確か100億ぐらいで、この業界のパイオニアであるさわかみ投信は総資産額では相変わらず図抜けているけど、世襲やら最近パフォーマンスがさえないやらで余り勢いがないという印象。ひふみは国内中小型株で、資産を伸ばしている印象です。

その中でセゾン投信は国内外の債券株式に投資とちょっと毛色が違うのと、バンガードグループと提携しているというのが特色です。特色が評価されて1年以内のは総資産1000億突破しそうですし、昨年から単月度で黒字化しているようで、通期での黒字化も見えているようです。

今回の提携は独立系投信であるセゾン投信側から見ると、黒字化が見えたタイミングでの経営基盤の強化と、販売活動先の拡大の面が多きいんでしょうね。特に独立系なので経営基盤の安定は必須でしょうし、安定して資金が流入している状況で強固なものとする必要がったのでしょう。

しかし、1000億近いセゾン投信でこれなんですから、他の独立系投信はどうなってんのか?気になるところではあります。日本郵便との提携でどういう効果がでるのか?ここ半年くらいの動きはウオッチしようと思います。
関連記事
関連するタグ:セゾン投信 ゆうちょ銀行 日本郵政 クレディセゾン

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR