関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > レラティブ・ストレングス > 海外ETFのレラティブ・ストレングス確認2014年9月編
レラティブ・ストレングス

海外ETFのレラティブ・ストレングス確認2014年9月編

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる
投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、
相場の転換点が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

レラティブ・ストレングスの概要については以下の通りです。

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

先月の結果は以下の通りです。

海外ETFのレラティブ・ストレングス確認8月編

9月はどうだったのでしょうか?

スポンサードリンク
まずは債券のETF

  • TLT(長期債) BUY
  • LQD(投資適格社債) BUY
  • BND(米国債券) BUY
  • JNK(ジャンク債) SELL

REITのETF

  • IFGL(米国除くREIT) SELL
  • IYR(米国REIT) BUY

セクターETF

  • KXI(世界生活必需品) BUY
  • IXC(世界エネルギー) SELL
  • IXJ(世界ヘルスケア) BUY

高配当系ETF

  • HDV(高配当) BUY
  • VYM(高配当) BUY
  • VIG(連続増配) BUY

小型株とVT

  • VT(全世界株式) BUY
  • VSS(米国除く小型株) SELL
  • VB(米国小型株) SELL

今月はBUY→SELLに変わったETFが5つも。

7月に続いてまたSELLに変わったJNKはかなり怪しい空気がありましたし、IFGLもあまりBUY期間が続かない傾向があるのでそこまで気になりません。しかし、問題はIXCとVB、VSSでしょうか。

IXCも1年に2回くらいSELLになる傾向がありますが、どうも最近原油価格が下がっているという話があるようで(実際円安になったがガソリン価格のニュースは見ない)その影響を受けているのでしょうか?

エネルギー関連は原油価格が下がった時が買い時とジム・クレイマーも言ってたので、現状を近日中に調べてまとめようと思います。

一方、VBとVSSの小型株のETF。ここ2年ほどBUYが続いていたのですが、9月に急速に値下がりしております。値下がりすることの多い9月相場の影響なのか、潮流の変化なのか?小型株に関してはEXE-iでも保有しており気になる点ではあります。

スポンサードリンク

シェアする
フォローする follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/261-5eba0955
該当の記事は見つかりませんでした。