Top Page > 海外ETF > 高配当の海外ETFを調べてみた

高配当の海外ETFを調べてみた

この下落局面の中、特に意味ではないのですが、
海外ETFの一覧を米国会社四季報で眺めておりました。

米国会社四季報 2014年版米国会社四季報 2014年版
(2014/07/14)
不明

商品詳細を見る

まだ、株式の方は多すぎて全部見切れていない状況です。
でも、海外ETFの方はきっちり見ました。

見てると配当高いのもありますねぇ。それをピックアップしてみました。目について高いのは5.5%超えてるETFですね。

  • i-shares先進国(除く米国)不動産ETF(IFGL) 11.09%
  • SPDRダウ・ジョーンズREIT ETF(RWR) 6.62%
  • マーケット・ベクトル中小型金鉱株ETF(GDXJ) 10.01%
  • i-shares iBoxx米ドル建てハイイールド債ETF(HYG) 5.75%
  • i-shares米国優先株式ETF(PFF) 5.98%
  • SPDRバークレイズ ハイイールド債ETF(JNK) 5.77%
  • マーケットベクトル 新興国ハイイールド債ETF(HYEM) 5.79%
  • マーケットベクトル 国際ハイイールド債ETF(IHY) 6.18%

この中から5つチョイスして分散投資になるか見てみたくなりました。ハイイールド債が多いですが、国債ハイイールド債なら1つでよさそうです。ということで以下の5つのETFの値動きを調べてみました。

  • iShares先進国(除く米国)不動産ETF(IFGL)
  • SPDRダウ・ジョーンズREIT ETF(RWR)
  • マーケット・ベクトル中小型金鉱株ETF(GDXJ)
  • iShares米国優先株式ETF(PFF)
  • マーケットベクトル 国際ハイイールド債ETF(IHY)



スポンサードリンク
上からIFGLmax、5年、2年、1年です。
ifglmax.png
ifgl5y.png
ifgl2y.png
ifgl1y.png
中小金鉱株なんですが、ここ2年金価格の下落の影響でしょうか?2年は相当下落しています。ここまで下落したのに配当10%超えてるのは何故なのか非常に疑問であります。

ちなみにリーマンショック時には3つのETFが既に販売されておりましたが、いずれも50%以上の下落をかましているため、下落相場時に強いポートフォリオではないですね。

ということでやっぱり高配当はそれだけリスクがあるという証左だと思います。ハイリスク・ハイリターンというわけです。

ただしそれは表裏一体で、落ちたナイフ状態の場合は、魅力的な投資対象でもあるということです。長期ホールドには余り良くないものだと思います。
関連記事
関連するタグ:海外ETF PFF

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR