関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 日記 > グルメ紀行 > 肉好きの私も衝撃!いきなりステーキに行ってみた
グルメ紀行

肉好きの私も衝撃!いきなりステーキに行ってみた

先週のことになるのですが、妙に肉が食べたくなりました。まぁ、まだ30ですからそれなりの量の肉も食べれるわけです。ちょうどタイミングよく出張が重なりました。

出張先でのんびりと過ごせる1日でしたので、休憩時間に探してみると立ち食いステーキ店として、話題になってたいきなりステーキが近いことが判明したのです。

ということでやる気もなく仕事がすんなりいったので、早めに出張先を出て夕食に。

IMG_0332.jpg

出入りしている人たちは案外痩せてる人が多い。ちなみに店員は何故かプラスチックのマスク的なものをつけていた。唾が飛ばないようにしているのか?

メニューを頼むが、肉に関しては目の前で切ってもらうサービスがあるので、そこにいって肉の種類を選ぶ。最初リブロースにしようとしたが、見た感じがあまりいい印象ではなかったので、2千円超えるとはいえサーロインにした。

ちなみに300g以上じゃないと頼めないみたいです。こんな制限あるのに女性客もそれなりにいましたね。ただ、この肉を頼むときに思いましたが店内が本当に狭いと感じました。

実際に来たのがこれだ。
IMG_0333.jpg
オーストラリア牛300gサーロイン。
一応わかりやすいように下にあった玉ねぎも出してみて写真に撮りましたw

スポンサードリンク
実際に立ち食いして思いました。肉を切って食べるやライスに関してはそこまで問題ないと思います。問題は具にコーンがあること。これは本当に食べづらい。アスパラとかニンジンに変えた方がいいと思いますがね。

肉に関しては1g7円ぐらいだったともいますが、サーロインなだけあって柔らかくて、多少なりとも肉の良さがわかる人間としては、それなりにいい肉使ってると思いますね。

ただ、レストランで座って食べるや、家で肉買ってきて焼いて食べるの方が個人的にはいいかなと思いました。テイクアウトはできるようですので、そこは救われるかなと思います。大量の肉をつまみにワイン飲みながら立ち食いっていうスタンスの方がいいのかもしれないなぁ。

気になったのは300gからという制限ですね。200gからの方がとっつきやすいと思うんですがね。採算ラインか何かの関係なんですかねぇ?店内が狭いからこれ以上こまないようにという面もあるんですかね?

都心ではさらにすごい勢いで出店しているそうですので株価はどうなってのか気になって見てみました。
上が近5年、下が近1年。
peppa5y.png
peppa1y.png
それまで平坦だったのが突然大爆発しております。
ただ、その後収束気味であるのが気になりますが。

投資家の誰かの本だったと思いますが、出店しまくってる店の様子をよく観察しろと書いてた記憶があります。そういう意味で今回は観察できたのかなぁ・・

まぁ、肉が食いたかっただけだったんですけどね。ちなみにこの反動が怖いと土曜日2万歩歩いたのでした・・ follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

2 Comments

AKI says..."No title"
いきなりステーキに行かれたんですね。
羨ましい。
私はここの会社に投資をしているので、興味津々に読ませて貰いました。
概ね好意的なお話だったので安心しました。

コーン、確かに食べにくいですね。
でも、他の食材に代わることはたぶんないかと。
コーンは原価が安いわりに色合いが鮮やかなので。

私も11月の下旬に東京に行くので、その時食べに行く予定です。
2014.11.08 20:53 | URL | #- [edit]
garboflash says..."No title"
AKIさん、コメントありがとうございます。

関東の主要な駅前に増えてるなと印象を持ってました。
肉大好き人間ですので、1度食べてみようかと。

コーンは確かに色合いが鮮やかですし、
ステーキには良くついてる印象ですが、
立ち食いなので結構食べづらいと思う人はいるかなと思いました。

実はサラダも頼もうとは思ったんですが、
流石に300gとライスつけたらきついかと思って頼みませんでした。
後からテイクアウトできるの知ったので、頼んでおけば良かったかなと思いました。
2014.11.09 13:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/291-49c9e4ee
該当の記事は見つかりませんでした。