関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > レラティブ・ストレングス > 海外ETFのレラティブ・ストレングス確認2014年11月編
レラティブ・ストレングス

海外ETFのレラティブ・ストレングス確認2014年11月編

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、相場の転換点が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

レラティブ・ストレングスの概要については以下の通りです。

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

先月の結果は以下の通りです。

海外ETFのレラティブ・ストレングス確認10月編

では、上昇相場の11月はどうだったのでしょうか?

スポンサードリンク
まずは債券のETF

  • TLT(長期債) BUY
  • LQD(投資適格社債) BUY
  • BND(米国債券) BUY
  • JNK(ジャンク債) SELL

REITのETF

  • IFGL(米国除くREIT) SELL
  • IYR(米国REIT) BUY

セクターETF

  • KXI(世界生活必需品) BUY
  • IXC(世界エネルギー) SELL
  • IXJ(世界ヘルスケア) BUY

高配当系ETF

  • HDV(高配当) BUY
  • VYM(高配当) BUY
  • VIG(連続増配) BUY

小型株とVT

  • VT(全世界株式) BUY
  • VSS(米国除く小型株) SELL
  • VB(米国小型株) BUY

BUYとSELLは変更はなし。相も変わらず米国除く小型株、全世界エネルギーセクター、ジャンク債は際立って悪いです。

特に気になるのはエネルギーセクターでしょうか?
ジム・クレイマーも原油価格下がっているときに石油関連株を買えというのは、
私も一理あると思っています。

だけんどもしかし、シェールガスの登場で市場が変わるリスクがあるセクターと思うんですね。無論シェールガスのメッカとなりそうなアメリカの石油企業は収益に寄与する可能性もありそうですけど。ジム・クレイマーの本も古いので当てはまるのかという疑問もあるのですが。

中南米やアフリカの産油国はすでに原油価格が下がりすぎて国の収益で問題になりそうな話もあるようですし、しばらくは様子見が正解の気がします。

スポンサードリンク
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/326-c064678f
該当の記事は見つかりませんでした。