関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > HDV > iシェアーズ 米国高配当株ETF(HDV)の構成銘柄変遷
HDV

iシェアーズ 米国高配当株ETF(HDV)の構成銘柄変遷

私のNISA枠の中心となっているETFである、iシェアーズ 米国高配当株ETF(HDV)。

最近でも色々といじって検証したりしましたし、かつては経費率が0.4%→0.12%に下がったというのを記事にしました。

ETFでポートフォリオ錬成テスト
i シェアーズHigh Dividend ETF(HDV) まさかの経費率大幅値下げ

高配当という基準で財務の健全性が高く、かつ持続的に平均以上の配当を支払うことができると認められた銘柄をチョイスしてるところが魅力であります。その点に惹かれて投資してますけど、リーマンショックは経験してない点は注意すべき出る。

このETF、JDRとして国内市場でも買えるようになって、ちょうど1年が経過しました。正直税金面で不利がなければ定期積み立てをしてもよいと思っているのですけど、税金面の不利は否めないため国内の方は投資してません。

さて、最近は原油価格の下落でエネルギーセクターが影響を受けてます。高配当系にエネルギーセクターは多いですから構成銘柄上位の推移が気になりました。昨年11月ごろの上位10銘柄は以下の通りでした。

AT&T INC 8.87%
JOHNSON & JOHNSON 6.98%
CHEVRON CORP 6.73%
PFIZER INC 6.36%
PROCTER & GAMBLE CO/THE 6.25%
VERIZON COMMUNICATIONS INC 5.59%
PHILIP MORRIS INTERNATIONAL 5.18%
MERCK & CO. INC. 4.63%
INTEL CORP 4.32%
COCA-COLA CO/THE 3.99%
Total 58.91%

では、1年経った現状はどうなっていのでしょうか?

スポンサードリンク
AT&T INC 7.42 →
VERIZON COMMUNICATIONS INC 6.98 ↑
JOHNSON & JOHNSON 6.45 ↓
PROCTER & GAMBLE 6.00  ↑
CHEVRON CORP 5.85  ↓
PFIZER INC 5.67  ↓
WELLS FARGO 5.64  ↑
PHILIP MORRIS INTERNATIONAL INC 4.87 ↓
MERCK & CO INC 4.10 ヘルスケア  ↓
INTEL CORPORATION CORP 3.81  ↓ 
total 56.79

両方トップのAT&Tは比率的には減ってるんですね。他に比率が上がっているのは、VERIZON COMMUNICATIONS INC 、WELLS FARGO の3つですね。

しかし、見事に米国携帯電話会社のワンツーです。よっぽどこの2社が強いんでしょうね。ソフトバンクの米国3番手買収が微妙に今後関わってきそうではありますが。

後、WELLS FARGOは確かバフェットが買ってた記憶が。余程業績がいいのかこのETFも比率が増えてます。

CHEVRON CORP 6.73%⇒5.85%になっています。これは原油価格下落の影響もありそうですが、VERIZON COMMUNICATIONS INCの比率が増えた影響もありそうです。

ともあれ余り動かずどっしりしている感じがします。今後も定期的に比率の確認は行っていこうと思います。

スポンサードリンク

シェアする
フォローする follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/334-c650a4b1
該当の記事は見つかりませんでした。