Top Page > 海外ETF > SDY(SPDR S&P米国高配当株式ETF)ってなんぞや?

SDY(SPDR S&P米国高配当株式ETF)ってなんぞや?

モーニングスターETFカンファレンス2014

モーニングスターETFカンファレンスでバンガード、iShares、SPDRという海外ETFの大手3社の講演を聞いたわけですが、その中で私が良く知らず気になったのがSPDRが説明していた、SDYというETFをちょっと調べてみました。余りまともに調べたことのないETFでしたし。

SDYの正式名称は「SPDR® S&P® 米国高配当株式 ETF」。米国の大型株、中型株、小型株を含めた市場全体から、配当利回りの高さに加えて、長期にわたって毎年一貫して増配を実施できる優良企業を抽出するそうです。また、20年以上にわたって毎年増配している銘柄を対象としているそうです。

概要はだいたいこんな感じです。

純資産総額:約142億米ドル
銘柄数:95銘柄
経費率:0.35%
直近12カ月利回り:2.16%

上記の説明やらを聞いていると増配やら高配当やら、琴線に触れるものがあります。ということで他のETFと比較してみました。


スポンサードリンク
比較対象は以下の通りです。

  • HDV(iShares米国高配当株)
  • VIG(バンガード米国増配株)
  • VYM(バンガード米国高配当株)

近1年、2年、SPY最大で比較してみました。
sdy1y.png
sdy2y.png
sdymax.png

予想通り同じような値動きをしていました。VYMとVIGの中間といったところでしょうか?ただし、リーマンショック時はどかんと落ち込んでいます。

こうして見ると悪くはないのですが、経費率で負けてるのは痛いですね。他の3つのETFと比べて0.2%ぐらい高いですからね。

最後に下旬に下がっていたので、直近1カ月
sdy1m.png
最近、他の3つとは異なる謎の動きをしております。何かあったんですかねぇ?

セクター別ETFはSPDRとバンガードって余り差がないんですよね。※バンガードのセクター別ETFは日本で買えません。

高配当ETFのジャンルでiSharesやバンガードに大きく負けてますが、経費率をSPDRは下げないんですかねぇ?
関連記事
関連するタグ:海外ETF SDY SPDR 高配当

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR