Top Page > 海外ETF > レラティブ・ストレングス > 海外ETFのレラティブ・ストレングス確認2014年12月編

海外ETFのレラティブ・ストレングス確認2014年12月編

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる
投資法であるレラティブ・ストレングス

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、相場の転換点が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

レラティブ・ストレングスの概要については以下の通りです。

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

先月の結果は以下の通りです。

海外ETFのレラティブ・ストレングス確認11月編

では、調整局面のあった12月はどうだったのでしょうか?


スポンサードリンク
まずは債券のETF

  • TLT(長期債) BUY
  • LQD(投資適格社債) BUY
  • BND(米国債券) BUY
  • JNK(ジャンク債) SELL

REITのETF

  • IFGL(米国除くREIT) SELL
  • IYR(米国REIT) BUY

セクターETF

  • KXI(世界生活必需品) BUY
  • IXC(世界エネルギー) SELL
  • IXJ(世界ヘルスケア) BUY

高配当系ETF

  • HDV(高配当) BUY
  • VYM(高配当) BUY
  • VIG(連続増配) BUY

小型株とVT

  • VT(全世界株式) SELL
  • VSS(米国除く小型株) SELL
  • VB(米国小型株) BUY

先月からの変更点はVTがSELLに変更。日本と先進国は悪くはないと考えると、新興国の影響を受けているんでしょうかね?

米国関係は悪くないようです。しかし、ヨーロッパや新興国は危険な香りがしますねぇ。

後、絶賛下落していたエネルギーセクターですが、12月中旬の底以来多少は持ち直してきていて、先月ほどは下落していないようです。原油価格が底を打ったとはいえるのかというと、まだ下がっているようですし。

11月の円安が進んだ時期から比較して、12月はほぼ1ドル120円近くで為替が安定していたのです。するとどうでしょう。みるみるガソリンスタンドの表示価格が下がり、130円切りそうなとこまで来ております。

本当にゴールドマンサックスの予測通り40ドル付近まで下がるのか、今年も注意しておく必要がありそうです。
関連記事
関連するタグ:レラティブ・ストレングス 海外ETF

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR