関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > インデックスファンド > 「プロ顔負けの投資家」になる秘訣で推奨されていたファンド
インデックスファンド

「プロ顔負けの投資家」になる秘訣で推奨されていたファンド

「プロ顔負けの投資家」になる秘訣とは? 

東洋経済の記事の中で気になるものがあったので抜粋します。

プロの投資家がどの資産に注目しているのかを把握するためには、さまざまな資産にバランス良く投資している「バランス型ファンド」の組み入れ比率を見るのが良い。

という記事の内容でバランス型ファンドが紹介されていました。

その名も「みずほインデックス投資戦略ファンド(通称i-パズル)」

「先進国株式から新興国債券に至るまで、さまざまな資産に分散投資して運用している」とのこと。これはどんなファンドだろという風に興味を持ちましたので調べてみました。

記事によると、

ファンドの運用は、世界最大の運用会社であるブラックロック社の日本法人、ブラックロック・ジャパンが行っている。果たして、ファンドの投資比率はどう変化したのか、2014年6月末と同11月末を比較してみると、非常に興味深い。
 すなわち、◎先進国株式42.9%⇒41.9%◎国内株式8.9%⇒5.0%◎新興国株式0.9%⇒4.7%◎国内リート2.0%⇒1.9%◎先進国リート4.0%⇒0%◎先進国債券34.0%⇒33.3%◎国内債券3.0%⇒4.0%◎新興国債券2.0%⇒3.0%◎現金等2.5%⇒6.1%、となっている。

一見するとわかるように、2014年の11月末時点で、組み入れ比率が大幅に上昇しているのは「現金」だ。同ファンドを運用しているブラックロック・ジャパンリテール営業部の湯本能章氏によると、「通常、現金の比率は2~3%程度なので、(この時点での)6.1%はやや高め。それだけマーケットリスクを気にしている証拠」という。

 「先進国債券は米国債が中心だが、今後、利上げが行われることを考えると、あまり組み入れ比率は増やしたくない。国内株式が低下しているのは、円高に振れるリスクを考慮してのことだ」(湯本氏)。

 また先進国リートは同10月末にすべて売却され、組み入れ比率は0%になっているが、これは「割高感が強まったことに加え、先進国株式とほぼ同じ値動きをしていることから、分散投資効果が低いと判断した」(同)。

という具合に変動させるようです。

では、「みずほインデックス投資戦略ファンド(通称i-パズル)」 の詳細はどうなっているのか?
色々と調べてみました。

スポンサードリンク
販売開始されて半年弱のようですので、期間を半年に区切りまして、以下のバランスファンドと比較してみました。

ipazuru6m.png

トレンドアロケーションが良くないのは置いておいて、為替ヘッジ付きとeMAXIS8資産均等型の中間的なファンドのような値動きです。直近で為替ヘッジ付きに並ばれたのは、資産の入れ替えが多いからでしょうかね?

みずほインデックス投資戦略ファンドですが、純資産は12億程度で内外7資産バランス・為替ヘッジ型と同程度ですが、信託報酬名目0.81%、実質1.05%、購入時手数料1.08%ですから、ちょっと需要的にどうなのかという気がします。

似たような固定比率のバランスファンドで資産を順調に増やしているファンドにどうやって対抗するのか?特にコスト面で劣るだけに、今後の方針が気になるところです。

スポンサードリンク
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/371-efb85eab
該当の記事は見つかりませんでした。