Top Page > インデックスファンド > ドイツの科学は世界一ィィィィィ

ドイツの科学は世界一ィィィィィ

2_20110514205552[1]

ファンド新設情報:「インデックスファンドUSリート(毎月分配型)」など3本

インデックスファンドDAX30(ドイツ株式)」(運用会社:日興アセットマネジメント/販売会社:日興アセットマネジメント)14年3月10日設定予定。
主要投資対象は、ドイツの金融商品取引所に上場されている株式(これに準ずるものを含む)。
ドイツの株式市場を代表する指数である「DAX指数(円換算ベース)」に
連動する投資成果を目標として運用を行う。原則として、為替ヘッジは行わない。2月決算。



おおこのファンド面白そうだなぁと思いました。
内容は以下の通り

指数:DAX指数(円換算ベース)
信託報酬:年率0.7%(税抜)
信託財産留保額:なし
設定日:2014/03/10(信託期間:2029/02/20まで)

0.7%?ということで他の先進国株式のインデックスファンドと比較してみると・・

SMT 0.53%
eMAXIS 0.63%
インデックスe 0.53%
Funds-i 0.58%
ニッセイ 0.41%
exe-i 0.35%
funds-i(ヘッジ) 0.58%

色んな国のを買ってるインデックスファンドよりも高いのは何故だろう?
ちなみに似た感じのファンドとしてeMAXIS NYダウインデックス がある。
これも0.63%。eMAXISは先進国で同じ金額ということ。
ドイツという国だからこれだけかかるのか、
運用会社によるものなのか?
vanguardが基準となる指数を変えて信託報酬を値下げしたことがあったが、
eMAXISの例を見る限り指数の使用料のせいではなさそうだ。
関連記事



スポンサードリンク
関連するタグ:ドイツ インデックスファンド DAX指数 日興アセットマネジメント

テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR