Top Page > 海外ETF > バンガードETF > VT等5本の米国籍バンガードETFの経費率また値下げ

VT等5本の米国籍バンガードETFの経費率また値下げ

VTを含む5本の米国籍バンガードETF™の経費率改定のお知らせ

2015年2月25日付ならびに2015年2月26日付目論見書で、バンガードの米国籍ETF(計5本)の経費率が改定されましたとの一報がメールで来ました。月末恒例のメールですが、今月は大盤振る舞いですね。

経費率が下がったのは以下の5つのETFです。

  • バンガード®・米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)
  • バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETF(VEU)
  • バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
  • バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(VSS)
  • バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(BNDX)

結構ジャンルがバラバラな5つの経費率が下がっています。
経費率の変更をまとめると以下の通りになります。

  • VWOB 0.35%⇒0.34%
  • VEU 0.15%⇒0.14%
  • VT 0.18%⇒0.17%
  • VSS 0.20%⇒0.19%
  • BNDX 0.20%⇒0.19%

それぞれ0.01%ずつ減っております。

そういえば、EXE-i中小型株は確かVSSが半分近く入ってましたが、これで更に経費率下がるんですかね?

EXE-i新興国株式ファンド、EXE-iグローバル中小型株式ファンドが信託報酬値下げ

さて、この5つそれぞれ全世界株式、米国除く株式、米国除く小型株、新興国株、米国除く投資適格債券に投資を行うわけです。ある程度は分散されてるんじゃないか?ということで調べてみました。


スポンサードリンク
今回経費率が下がった5つのETFを均等に分割してポートフォリオを組んだらどうなるか?S&P500と比較をしてみました。

以下、過去1年と、ファンドが5本そろった時点からの期間最大。

veu150228_1y.png
veu150228_max.png

ボラティリティはかなり低く抑えられておりますが、S&P500にボロ負けしております。おそらくVSSVWOB辺りが原因じゃないかと推測されますが。

ともあれS&P500の強さが際立っております。ただ、FRBは利上げで経済が危なそうな国々への影響を抑えるためか利上げに慎重ですね。

と考えると、16年頃になる可能性も出ており、そこから推測される大きな下落はやっぱり7がつく年の、2017年ってことになるんですかねぇ。
関連記事
関連するタグ:海外ETF Vanguard BNDX VT VSS VEU VWOB

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR