Top Page > セミリタイア > セミリタイアを考るべきなのか?

セミリタイアを考るべきなのか?

まだ独身の身ではあるのですが、まぁ独身のままであっても定年まで仕事をし続けるのだろうなぁと何となく思ってました。いや、仕事に行くのはものすごく嫌です。ストレスがたまってくると、発疹やら耳鳴りやら体に出ちゃう体質ですし。

でも、こりゃセミリタイアしたくなるわという事象が会社であったのです。



スポンサードリンク
ある社員が亡くなっていることが判明し、本日公表されました。直接面識はないと記憶しておりますが、目立つ人であったため、声や顔は覚えている人でした。

その人は仕事ができるため定年再雇用ながらバリバリ働いておりました。生活は週3で片道2時間程度かけて飛行機で移動し現地で仕事をするスタイルでした。出張に出る前、身内に体調が悪いと言って出発した後、翌日宿泊先で倒れているのが発見されたそうです。

この話を聞くとそこまで仕事を自分はしないなということです。明らかに体調が悪ければ病院に行くのが普通だと思うのです。まして結果的に死に直結しているわけですから。

僕はどんなに節約をしていても身体が何かしらのシグナルを上げてるのですから、それはケアしないといけないのではないかと思います。仕事を成功させればボーナス等の給料に直結するため、それでも這ってでも仕事に行く気持ちもわかります。

でもねぇ・・残された家族とかを考えると最悪のケースなのではないかと。

一報で騒然となった同じフロアに明らかに空気の悪いプロジェクトがあります。6人くらいで仕事をやってるのですが、打ち合わせで怒鳴ってるのがフロア中に響いています。怒られる側二名は体調が悪いらしく、席が近い人によると言動も何かおかしいとのこと。

もう1人は以前同じ部の人なのですが、土日でずっぱりらしく顔色が悪くて定時後早退。さらに階段から転げて肋骨を骨折した人間もいるとか。怒鳴っているのを聞くと、そりゃ期限守らないといけないとはいえ、急死の話を聞けば、もう少し配慮しなきゃならんのじゃないかと。

そりゃ他社にも影響が出るのでしょうけど、働いている人間の命の方が重いと思うんですがねぇ。

この2点を考えると、退職から平均寿命あたりを逆算して、いくらたまったら定年前に会社辞めるというのもありなんじゃないかと。

まぁ、子供がいたりしたら難しくなるのでしょうけど。会社にいるということはかなりストレスがたまりますし、ましてや残業をするということは、身を削ってお金をもらっているのと同義と思います。

麻薬中毒のように残業中毒になってる人もいますが。本日の事象は今後の転職やらも検討せねばらならないかと思えるような出来事でした。



関連記事
関連するタグ:セミリタイア

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR