Top Page > 海外ETF > 欧州株と新興国株を過去10年で振り返ってみると

欧州株と新興国株を過去10年で振り返ってみると

レラティブストレングスで検証するETF増やします。

レラティブストレングスで検証するETFを増やしますということを先日書きましたが、対象ETFを調べていて気になったETFが2つありました。

  • バンガード・FTSE・ヨーロッパETF(VGK)
  • バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)

欧州株と新興国株です。欧州と行ってもドイツやイギリスはリーマンショック前の高値を更新。日本もアメリカも超えているわけですが、この2つのカテゴリはどうも不審です。

直近1年の値動きを見てみますと以下の通りです。
vwo_vgk_1y.png
半年以上前から上下を繰り返しておりますが、お世辞にも好調とはいえません。

これを近10年で見ますと、以下の通りです。



スポンサードリンク

欧州も新興国もリーマンショック前を超えていない。


vwo_vgk_10y.png

新興国株式のリーマンショック時の下落っぷりは恐怖を覚えます。と同時にリーマンショック前の2007年頃の高値には遠い現状がわかります。

現状アメリカの好調が続いているとはいえ、アメリカが下がったらこの2つのカテゴリも下がるでしょう。となると高値に近付く前にまた下がりそうな気配を感じますがねぇ。

しかも欧州って株価が好調な国でも、中国向けの輸出が多く、中国に何かあった場合は道連れで下がる可能性があります。だからこそ欧州ならば個別の国、例えば、比較的安定してそうな北欧とかに投資を出来ればいいんですがねぇ。

その辺は日本の投資環境もまだ改善の余地があるということでしょう。
関連記事
関連するタグ:海外ETF VGK VWO 新興国株式 欧州株式

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR