Top Page > 海外ETF > i-sharesのJDRの一部、ファンド籍がアイルランドであったことを今更知る

i-sharesのJDRの一部、ファンド籍がアイルランドであったことを今更知る

たまたまi-sharesのETFで調べ物をしていたのですが、ふと気付いたことがあります。

vanguardからの手紙
ここでちらっとふれたi-sharesJDR形式の債券ETF。

新興国債券のETFなんかはモーニングスターのETFカンファレンスでも推奨されていました。

モーニングスターカンファレンスで名前が上がってたETF

この3つのETFってJDRですが、地味にアイルランド籍なんですね。これまでのi-sharesの株式のETFは同じJDR形式でもアメリカ籍でしたので、制度の関係上なのか配当金のアメリカでの課税が30%。

通常の海外ETFは10%程度ですから、大きな差がありました。その上に国内上場のETFなので1日の取引金額も余りありません。

その点、この3つのETFはアイルランド籍。

ルクセンブルグ籍のETFは現地の配当金課税がないという噂がありましたので、もしかしてアイルランド籍の現地の配当金課税も・・と思い調べてみました。


スポンサードリンク
実際に購入して配当金もらった人の記事

どうやら本当にJDR形式ながら現地の課税がないようです。新興国債券なんかは他の資産カテゴリとは相関性が低そうなので有用そうです。

ただし、1日の取引金額が低いことと、純資産総額がまだ小さいことは注意が必要だと思います。

更に気になるのはアメリカ籍にしろ、アイルランド籍にしろJDR形式のこのETF、ドル円の値動きと相関性が強いのではないか?という点です。これは実際に見てみないとわからないので、調べてみました。

ドル円と3つのETFの値動きを見てみると・・


上から6カ月と3カ月の値動きです。

1362_6m.png

1362_3m.png

ちょっと1361のハイイルード債はドル円に値動きがあるように思えます。以外と米国債10年はドル円に相関性が低いですね。

この値動きならば純資産総額がもう少し伸びれば投資対象としてもいいかもと思えます。まぁ、信託報酬は若干かかりますが、米国現地課税10%も回避できますから、NISAで購入すると配当課税なしも実現できそうですし。

ともあれ、i-sharesJDRが新たに出るときはどこの国の籍かちゃんと確認しようと思います。
関連記事
関連するタグ:海外ETF i-shares JDR 新興国債券ETF 米国ハイイールド債券ETF

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR