Top Page > 海外ETF > NISA活用方法暫定案

NISA活用方法暫定案

NISAが始まってはや2カ月が経過しました。
ようやくNISAで購入したものの現在値等が見れるようになってきてるようです。
去年から決まっているのに何で今年初めから見れないんだよと、
正直突っ込みたくなるものですが・・
まだ慌てるような時間じゃないと思いますが、
そろそろ今年の方針を暫定ではありますが考えようかなぁと、
体調を崩し下痢に苦しんだ土曜に考えてみました。



スポンサードリンク
ともあれ、まずは方針確認ということで、
前もってSBI証券に問い合わせてみました。
ちなみに実際に購入しそうな時期の前には、
実際の購入手順を再度確認する予定です。
確認したのは


既存の口座で保有している外国株式の配当金は、
現地で源泉徴収された税金は、確定申告で外国税額控除を受けれるの?


ということです。既存で海外ETFを持ってますので。
回答は以下の通り。


NISA口座で買い付けた外国株式の配当金は、国内の所得税・住民税が非課税となるため二重課税が生じておらず、外国税額控除を利用することはできないものと存じております。
一般口座で買い付けた外国株式の配当金は、従来とおり、外国税額控除を受けることができます。


だそうです。ということで腹は決まりました。
NISA口座で使用するのは海外ETF。
購入するのは債券、株式で、経済状況や世界情勢の動向によって
柔軟に変更するという形で行きたいと思います。

来年度は忙しくなりそうなのですが、
限度を超えたら国債なり既存の口座で追加で買うかもしれません。
まぁ、その時の情勢次第って感じですかねぇ。






関連記事
関連するタグ:NISA

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR