関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > コモディティへの投資は分散効果はあるのか?
海外ETF

コモディティへの投資は分散効果はあるのか?

emaxisシリーズで今度コモディティが販売されることになりましたが、じゃあコモディティって他の資産とどの程度分散効果があるの?と思いました。

個人的にはコモディティに入ってそうな資産って何かというと、原油とか小麦とか大豆なのかな?という個人的な印象でした。

そこで、コモディティのファンドってどんな構成になってるのだろうか?ということで、色々と調べてみたらi-sharesからコモディティのETFが出ておりました。

その名も「iシェアーズ S&P GSCI コモディティ・インデックス・トラスト」ティッカーはGSGです。

流石にコモディティですので分配金は出してないようですが、標準偏差は19.18%と高めになっております。更にコストが0.75%と、高いです。

ETFの構成比率を見てみますと、TREASURY BILLという項目が並んでおります。しかも比率がバラバラで。これはいったい何を表しているのか?調べると財務省短期証券と出てきますが・・よく中身がわからない感じがありますね。

では、そんなコモディティETFは他の資産と比較してどういう動きをするのか見てみました。

スポンサードリンク
GSGという海外ETFがあったので、ETF同士で比較してみます。比較対象は米国株式(VTI)、米国長期債(TLT)、新興国株式(VWO)と比較してみました。

まずは直近1年の推移です。
GSG1y.png

何か去年の今頃あたりからかなり下がっております。10月に更に下げ幅拡大しているのは原油価格下落の影響でしょうか。では、長期で見るとコモディティETFは他のカテゴリと比較してどうなのか?

GSG10y.png

リーマンショック時は新興国株式と一緒に急降下しております。更に昨年の下落でリーマンショックの底よりも下がってます。余り分散効果はないようですし、分散対象としてはどうなんだろうな?と思いますね。金も加えてみましたが、金の方が分散対象としていいような気がします。

GSGmax.png

スポンサードリンク

シェアする
フォローする follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/527-b11cc7ee
該当の記事は見つかりませんでした。