関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 読書 > 投資関連本 > 投資は「きれいごと」で成功するを読んで
投資関連本

投資は「きれいごと」で成功するを読んで

プロフェッショナル仕事の流儀 時代にあらがう信念の金融を見た感想

ちょうど1カ月くらい前にあったプロフェッショナル仕事の流儀で、鎌倉投信の回がありましたが、ちょうどその放送がある1週間前くらいにファンドマネージャーの新井氏の本を購入しておりました。ちょうど読み終わりましたので、本について書こうと思います。

ちなみにプロフェッショナル仕事の流儀の視聴率は鎌倉投信の回が5.6%で、先々週の渡辺謙の回が7.3%のようですので、裏が強いのもあって視聴率的にこんなもんなのでしょうね。ただし、全国放送であったわけですから、当然反響は大きいでしょう。

さて、そんな本の感想なのですが、簡潔に言うと良いなぁと思うがどうだろう?と思う点もあるという感じです。

スポンサードリンク
業績の予想をせず、ちゃんとしたビジネスを確立している銘柄に分散投資をする。そして、株価が目標値に達したら売って、目標値以下になったら追加購入するという手法は、鎌倉投信が投資対象としている企業ならばありなんじゃないかと思います。現金比率も高いので下がった時に強いというのも何となくわかった気がします。

ただ、いい企業として組み入れられた企業を全部みると、中にはいい企業?なのも入っているのがちょっと引っかかるんですよね。

一番引っかかる点はテレビでもちらっと言われてましたが、低金利でお金を貸してるというところですね。

理念は素晴らしいとは思いますが、個人的にはいい企業と選択した会社への追加の投資やテレビ見てて気になった会社の環境整備に使った方がいいと思うんですがねぇ。

いい会社という定義というのは何なんだろうと個人的には色々と考えるのですが、指標となりそうなのは、ウォーレンバフェットが投資する基準として挙げている以下の3つじゃないかと思います。

  • 事業の内容を理解できる。
  • 長期的に業績が良いことが予想される。
  • 経営者に能力がある

これが当てはまっても酷い企業もあるかもしれませんが。以上、本とテレビを両方見た人間の感想でした。

スポンサードリンク
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/530-06b7448d
該当の記事は見つかりませんでした。