関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 読書 > 投資関連本 > 全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイドを読んで
投資関連本

全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイドを読んで

投資を始めるようになったきっかけというのは、岡村聡氏の著作でしたが、SBI証券に口座を開設するに至った経緯で大きかったのは「ほったらかし投資術」でした。

投資を始めるまで

あれから4年経ち資産も順調に成長しました。紛いなりにも知識を吸収して海外ETFにも投資をするようになりました。

この度、全面改定版が出版されましたので、初心に帰るという意味も考慮して、早速購入して読み終わりました。

色んな場所で感想が書かれておりますが、個人的に思うのは以下の3点ですね。

インデックス投資にこれから取り掛かる人には最適の本


全部を通して読むとインデックス投資経験者としては、インデックス投資にこれから取り掛かる人には教科書としておすすめできる本と思います。前回とは異なりDCやNISAに関する説明もあって、始めて投資する人も何からやればいいか道筋がわかりやすいと思います。

インデックス投資の長所も書いてありますが、短所についても書かれてあってよいと思います。ただ、山崎氏と水瀬氏が入れ替わるタイミングがわかりずらい箇所はあります。

スポンサードリンク

安全資産の定義については意見は異なる


個人的に安全資産に貯金以外の国債を入れているのは私とは意見が違うなと思いました。国債の利率が2%超えたあたりに見直せばいいと書いてありましたが、一概に安全資産に入れる必要はないと思うんですがね。

後、国によってこれからの成長とかも違いますから、個人的には外債は必要という立場です。

ETF運用の現場を知りたいと似たような企画で1冊本を作れませんかね?


マニア向けの特別付録としてありました、4章の「ETF運用の現場を知りたい」

ロシアは株券の現物をトラックで搬送しているとか、インド株を買い付けるべきところで、パキスタン株に片寄して年間のパフォーマンスが10%近く低くなったという話も紹介されていました。更に、インデックスファンドやETFの運用についても知れて良かったです。

4章を読み終えて思ったのですが、例えばvanguardとかi-sharesのお偉いさんとか、国内証券会社のお偉いさんと山崎氏、水瀬氏との対談をまとめて本にしたら、ある程度需要があるんじゃないかと思いました。

ほったらかし投資術は増刷かかる売れ行きのようですし。出版社さんこの企画どうですかね?

スポンサードリンク

シェアする
フォローする follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/540-bbc4210f
該当の記事は見つかりませんでした。