関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > 6/1以降の海外ETFの値動きを見てみた
海外ETF

6/1以降の海外ETFの値動きを見てみた

6月以降世界的に株価が下がっているのはわかるのですが、じゃあ実際にどれほど下がっているのかを調べてみました。年始と比較して日経平均は上がってたりするのですが、米国株とかVTってどうなってんだっけ?という話です。それぞれS&P500と比較してみました。

まず、見てみるとは自分が持ってる海外ETFの株式系。
VIG(米国増配)、XLV(米国ヘルスケア)、VYM,HDV(米国高配当)、VT(全世界)
vt_150711.png

ヘルスケアセクターは本当に強いですね。逆にVTは欧州や新興国が入っているので下落幅も大きいです。

次に色々と火種になっている欧州(VGK)と新興国(VWO)
vgk_150711.png

木金でVWOもかなり上がっておりますが、今更上がっても吐き出すのでは?としか思えません。

次に債券とREITについて見てみます。

スポンサードリンク
バランス型インデックスファンドに影響が大きそうなREIT系
米国REIT(IYR)、米国除くREIT(IFGL)
IYR_150711.png

香港が結構含まれているIFGLの下げ幅は大きいですね。

最後に下落時に反発するのか債券系
米国トータル債(BND)、短期債(BSV)、中期債(BIV)、長期債(BLV,TLT)、超長期債(EDV)、米国除く先進国債(IGOV)
BND_150711.png

ちょっと色々と入れ過ぎているんですが、赤いS&P500が上がると軒並み下がっており、下がると軒並み上がっております。特に長期債はS&P500と動きが逆相関です。ただし、超長期債(EDV)に関しては債券なのに上下が激しすぎですけど。

利上げが織り込み済なのか6月から多少は下がっておりますが、株式が軟調な時の効果はありそうですので、やっぱり債券と株式は一定比率で分散させるのがいいんじゃないかと個人的には思います。

スポンサードリンク
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/562-52767a0d
該当の記事は見つかりませんでした。