Top Page > 海外株式 > 米国株 > 経済的な堀を持つ企業をMOATというETFで確認して見る

経済的な堀を持つ企業をMOATというETFで確認して見る

MOAT(マーケット・ベクトル・ワイド・モートETF)

昨年MOATというETFについて記事を書きました。

バフェット投資を気軽に実践?世界一の投資哲学が詰まったETFのまとめ

上記の記事でもバフェットの投資哲学を実践できると書かれております。

最も安価で幅広い堀をもつ20の企業が、同等のエクスポージャーで含まれているのですが、どうも20銘柄を均等に投資している状況で割と銘柄は入れ替わっているようです。そのせいで経費率が0.49%と高めになっています。

セクター別の比率を見ていきますと、

Energy 25.69%
Healthcare 20.48%
Consumer Cyclicals 18.57%
Industrials 15.43%
Consumer Non-Cyclicals 10.24%
Technology 5.22%
Utilities 4.31%

エネルギーの比率が高いですね。では、昨年10月に記事にした時と比較して企業の入れ替えはどの程度あったのか確認してみました。


スポンサードリンク
昨年10月からの生き残りは以下の2社でした。

Exxon Mobil、Polaris Industries

20社組入れなので18社入れ替わっております。AmazonやP&Gが消えています。じゃあ、今組み入れられてる残りの18社はどうなっているのでしょうか?

Google Inc 、Williams Cos Inc/The 、Blackbaud Inc、Amgen Inc
Vf Corp、News Corp、Itc Holdings Corp、Oneok Inc、Us Bancorp
Berkshire Hathaway Inc、Varian Medical Systems Inc、Harley-Davidson Inc
Hershey Co/The、Discovery Communications Inc、American Express Co
Merck & Co Inc、Franklin Resources Inc、Spectra Energy Corp

googleとかアメリカンエキスプレスとかアムジェンあたりは何となくわかりますが、バークシャーハサウェイも入ってるのですね。MOATという意味では確かに含まれるのかもしれません。ただ、長期投資の意味でこの入れ替えっぷりはどうかと思いますが。

入れ替えが多いようですがパフォーマンスもS&Pに負けております。ただし、組み入れ銘柄の企業には着目するぐらいに利用するのがいいのかもしれません。
moat_150717.png

MOAT関連記事


経済的な堀を持つ企業に投資するETFであるMOATの現状を確認してみた



関連記事
関連するタグ:

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR