関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > インデックスファンド > 野村7資産バランス為替ヘッジ型 > 野村7資産バランス為替ヘッジ型資産状況2015年8月編
野村7資産バランス為替ヘッジ型

野村7資産バランス為替ヘッジ型資産状況2015年8月編

夏と言えば甲子園を思い浮かべます。日本のプロ野球ほど技術はありませんし、そもそも7回4点差でバントして一塁ランナー二塁に送るとか残り9回アウトになると終わりなのにそれでいいのか?という突っ込みを入れたくなることも発生します。

ただし、負けて終わりの究極のトーナメント戦且つ過酷な環境での試合であるため、人を引き付けるものがあるのも事実。私は夏休みに松坂世代の甲子園を見てしまったが故に、他の世代はレベルが低く見えてしまうようになってしまいました。

それはさておき当然出身県を応援しているのですが、福岡県勢は春の選抜こそ何年か前に九州国際大付属が準優勝しました。しかし、夏はあっさり敗退が続いております。

九州国際大付属は前評判が高い時もありましたがあっさり敗退。惜しかったと言えるのはかなり前に優勝した智辯学園和歌山相手にリードしながら延長で負けた現巨人の香月がエースだった柳川ぐらいでしょう。

結局絶対的な強いチームが出にくく選手が分散していて、本当にいい選手が越境留学する例も見られるので中々勝てないんでしょうね。BS1で県別の名勝負をやっていて福岡県勢で最後に優勝した西日本短期大学附属を取り上げてましたが、一人で投げ抜いた森尾はプロに行かずのまま終わったんですよねぇ。小さい頃ものすごい投手がいたという印象だったのですが。

今年の福岡は九州国際大付属が出ます。監督が若生監督から元プロの監督に変わってどうなりますかね。
投手はいいようですが。

さて、本題に戻ってETFとは別に積立投資として資産の核の1成分としたい野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の資産推移がどのようになっているか確認していきます。

スポンサードリンク
資産の配分は、国内株式、先進国株式、国内REIT、先進国REITが1/6。
先進国債券、新興国債券、国内債券が1/9。
海外資産については為替ヘッジを行う。

資産の推移は以下の通り。
2013/10/25 0.601億円
2013/11/29 0.722億円
2013/12/30 0.967億円
2014/01/31 1.608億円
2014/02/28 1.957億円
2014/03/31 2.153億円
2014/04/30 2.524億円
2014/05/30 2.744億円
2014/06/30 3.640億円
2014/07/30 5.344億円
2014/08/29 6.296億円
2014/09/30 6.596億円
2014/10/31 7.121億円
2014/11/28 7.385億円
2014/12/30 9.046億円
2015/01/30 10.620億円
2015/02/27 12.370億円
2015/03/31 14.765億円
2015/04/30 16.980億円
2015/05/29 18.456億円
2015/06/30 18.7億円
2015/07/31 19.6億円

先月は株式の不調がありましたので伸びが今一つな状況でした。今月は回復傾向があるとはいえ資金流入額が一時期より減少しております。

価額が今年の3月あたりがピークで、その時まではいい勢いで資産の流入が加速していたのですが、そのあと価額がよくないせいなのか資産の伸びは減速しています。それでも近1カ月は+1.4%ですが、近3か月では-1.0%。影響があるとすればこの点かなと思います。

とはいえ資金の流入傾向がどうなるかについては、来月も続くようでしたら、Funds-iの個別のインデックスファンドも含めて値動き等確認して見ようと思います。


follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/585-cbfb62ce
該当の記事は見つかりませんでした。