Top Page > 海外ETF > モメンタムを考慮したETFがあるか探してみた

モメンタムを考慮したETFがあるか探してみた

レラティブストレングス投資や移動平均法については記事にしておりますが、モメンタム効果は小型株バリューとともに有効なアノマリーがあると言われております。

そんな中以下の本を読んでおります。



並行して伝説的なバーゲンハンターのテンプルトン卿の本を読んでおります。個人的にはどちらの意見もすばらしいもので、上手く両方を活かせればいいなと思っております(まぁ、それが難しいんですが)

さて、アントナッチの本の感想や本の中で書かれておりました、「グローバル・エクィティ・モメンタム」に関しては後日記事にしようと思ってますが、本を読んでいてかなりモメンタムに関する論文は出ているんですね。ならばモメンタム関連のETFがあるのではないかと思い探したところ見つけました。

  • SPDR S&P1500モメンタムティルトETF(MMTM)
  • iShares MSCI USA Momentum Factor ETF(MTUM)

このうちiSharesのMTUMは「手数料・費用控除前のモメンタムが比較的高水準の米国中大型株の指数に連動する投資成果を目指す」運用方針だそうです。

iShares MSCI USA Momentum Factor ETF

銘柄数124で、Expense Ratio 0.15%で割と売買するはずなのに安いですね。では、他の小型株やバリュー株と比較してパフォーマンスがどうなのか確認してみました。



スポンサードリンク
比較対象はわかりやすくバンガードのETFで統一して、米国株の増配株(VIG)、配当株(VYM)、小型株(VB)、バリュー株(VTV)、S&P500と比較してみました。

また購入可能になって2年程度ですが、期間最大、2年、1年で他のETFと比較してみました。

期間最大
MTUM_max.png

期間2年
MTUM_2y.png

期間1年
MTUM_1y.png

いずれもMTUMが一番パフォーマンスがいいんですね。リーマンショック時どうったのかみたいところですが。

このETFの上位銘柄は何かと見てみると、amazon、ディズニー、CVS、アップル、ホームデポ、スターバックス、ナイキあたりですね。

セクターは生活必需品やヘルスケアに偏重しております。中国株下落の影響で余り調子がよくない会社が多い中、この2つのセクターは比較的好調ですからこういうセクターの比率になるんでしょうね。

とはいえ、これを見ますとモメンタム効果の有効性は米国株に関しては証明できるといっていいような気がします。興味深い結果がでましたので、モメンタムウォーカーの本の内容についても今月中に検証して見ようと思います。

関連記事


モメンタムを考慮したETFに含まれる企業をみてみた
米国株モメンタムETF(MTUM)の組入れ上位企業でモメンタム効果があるか確認してみた
関連記事
関連するタグ:海外ETF MTUM モメンタム

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウォール街のモメンタムウォーカーなる本があったんですね。
知りませんでした。
レラティブ・ストレングス投資をしている者としては読まないわけにはいかないので、高いですが買って読んでみます。

本家?のウォール街のランダムウォーカーはまだ読んだことがありません。
お値段が高いんだもの・・・。

No title

モメンタムウォーカーはいいことも書いてあるのですが、論文の引用の部分も多いので読みにくい部分もあるかと思います。
40年近くの検証データがあるので、データに高い書籍代を払ったと思うようにしてます。

ランダムウォーカーの方は、私は図書館で借りました。
日経が出版社なので図書館だと置いてあるとこはそれなりにあるかもしれません。
プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR