Top Page > 海外ETF > 直近1カ月の生活必需品セクターETFを比較してみた

直近1カ月の生活必需品セクターETFを比較してみた

直近1カ月の米国株関連の値動きを見てみた

昨日は直近1カ月の米国株関連のETFの値動きを見ましたが、この調整時にディフェンシブである生活必需品セクターはS&P500よりもパフォーマンスがよいという印象を受けました。

生活必需品セクターETFというと以下の3つが思い当たります。

  • VDC(vanguard)
  • KXI(i-shares※全世界)
  • XLP(SPDR)

配当、経費率、銘柄数な値を見てみますと以下の通りでした。
VDC 2.39% 0.12% 100
KXI 2.64% 0.47% 96
XLP 2.70% 0.15% 39
※各社ともに総資産の表示が違います。

VDCは今回の調整を受けて、2月頃は配当率1.91%でしたが、現状2.39%まで上昇しております。他の2つも配当率が上がっている現状です。

では、値動きを貯金1カ月で比較してみるとどうなのでしょうか?



スポンサードリンク

VDC vs KXI vs XLP


VDC_1m_150830.png

直近1カ月は大きな差はないですね。
VDC>XLP>KXIの順なので米国外の影響をKXIは受けているということでしょうか?

ただし短期で見るとおかしな動きも・・


VDC_7d_150830.png

直近1カ月を8/20~8/28の期間に短縮しますとVDCでおかしな動きが・・

他が10%下がっている状況ですが、VDCは25%程度一時的に下がりました。一応すぐに元に戻っているとはいえ謎な動きです。売買高が他社のセクターETFと比較して少ないという話がありましたが、この動きは注意が必要な感じがしますね。

これはヘルスケアセクターでも同じかということで調べてみました。

VHT_7d_150830.png

ヘルスケアではVHT同様IXJも同じように急に下がっています。それと比較するとSPDRのETFは短期で急激にイレギュラーに下がることがないようです。こうしてみるとSPDRのETFの有効性もあるのかなと思うところです。

バンガードのセクターETFは分散が効いていて小型株に投資できるけど、出来高の少なさで超短期ではイレギュラーが発生するということは、頭の片隅に置いておきたいと思います。

関連記事


生活必需品セクターETF(KXI,VDC)組入れ上位企業をS&Pと比較してみた
S&P500が最高値を更新した時期に生活必需品セクターETF(VDC,KXI,XLP)を比較してみた
関連記事
関連するタグ:海外ETF 生活必需品セクター VDC KXI XLP

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR