Top Page > セミリタイア > 長期休暇で色々ともやもやしたこと(セミリタイア、40歳)を考えてみる

長期休暇で色々ともやもやしたこと(セミリタイア、40歳)を考えてみる

長期休暇中に会社関連から電話があるとビビります。大概は別に休暇後出勤時に聞くだけでいいものが多いのですけど。今日もこの日の予定ってどうだっけ的な電話でしたので、休みの人間に変わって色々とやってくれているのだと思い対応者の好感度は上がります。

一般社員に関しては比較的こういう人が多くやりやすいのです。しかし幹部社員に関しては、例えば盆休み3名休む状況で、一番年下の入社2年目にのみ「なんで休むんだ」と関係者全員にメールが見れるように送ったり、電話の転送処理を間違えただけで、やたら不機嫌になる人間がいます。

器が小さいなぁと思う事象を見る限り、先代の幹部社員は器が大きくい人だっただけに今後、こちらに災いが降ってくるのではないかと、危惧をしております。

長期休暇ですので割とのんびりと自分の嫌な仕事をせずに済みますので、普段考えないことを漠然と考えるようになる機会だと思っています。器の小さい幹部社員を見るにつけ、福岡に帰って働くのもありではないかというこういうところまで考えるようになるのです。

基本的には以下の考えに基づくものではあるのですが。

帰省して思う。福岡が一番いいなと

主に考えたのは、セミリタイア、40になったら、仕事についてでしょうか?時間があるせいか、書いていてかなり長文になってしまいました。


スポンサードリンク

セミリタイアについて


仮に60歳まで仕事をするとして後30年を切っておりますが、少なくとも小学生ぐらいの記憶が薄くなりつつある現状では、相当な先であることは間違いないでしょう。

仕事をしている上で、いつ休んでいるんだ?という人を見ますが、そういう人が同じ会社をいるのを見ると、同じ仕事をしていて60歳までに果たして病気にならずにいられるかというと、ものすごく不安になるんですね。

だからこそセミリタイアしたいという願望を持ち貯蓄と倹約を進めています。今後色んな変化があってもきっちり60で仕事を辞めれる状況を作りたいなと。それを可能な限り前倒しできればなお良しという感じのスタンスです。

仕事をどうするかというのを給料とかのバランスを考えて、福岡に帰るのも選択肢じゃないかと漠然と思ってたりします。当然福岡に帰るとなると給与も下がるわけですが、慣れ親しんだ土地で過ごせる方が明らかに身体や精神的にいいと思うのです。

生活コストも下がりますし、無駄に帰省費で年間10万は飛んでるのを、毎月の生活費に分配すれば月1万は浮かせられます。実際に帰ると決めたらその準備に2年程度は見越して行動しようかなと考えています。

40歳という年齢


ちょうど社会人という意味で折り返し地点となるため、区切りのいい年であると思います。まだアラサーの区分で今後の人生の想定されるケースが多々あるとはいえ、どういう状況になったとしろ親の介護を考えなければならない時期だと思うのです。

個人的に親はまだ働いておりますが、完全にリアイアしたら、金銭的支援を行おうと考えています。それができる最大限の親孝行だと思います。それを含めて、せめて同じ県には住んでいたいと考えます。

まだ先の話とはいえ、自分の性格からして、先を見越して今後の5年くらいを過ごしていきたいなと思います。先行してやれることはやっておいて、行動するにあたりたらない事態は極力避けたいものです。


関連記事
関連するタグ:セミリタイア 仕事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

garboflashさん

こんにちは。

親御さんの介護を見据えて地元に帰るということを考えることは非常に大事ですよね。


自分もgarboflashさんを見習って具体的に考え始めようと思いました。

No title

MMさん、こんばんは。

個人的な思想として、関東からいずれ帰るという意識を持っておりますし、
福岡という土地柄は非常に保守的で郷土に対する帰属意識が強い人が多いのも要因と思います。

これが親の近くで一人暮らしだったらまた違うのでしょうが、ある程度の期間離れていたので、現実問題として実家近くに帰るのが最大の恩返しではないかと考えるこの頃です。
プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR