Top Page > 国内株式 > ひふみ投信の上位構成銘柄から消えた銘柄がどうなったか見てみた(2015年編)

ひふみ投信の上位構成銘柄から消えた銘柄がどうなったか見てみた(2015年編)

先日ひふみ投信の上位構成銘柄が1年でどうなったのか、昨年に続き記事にしました。

ひふみ投信の上位構成銘柄が1年でどうなったか見てみた(2015年編)

するとレオスキャピタルワークのtwitterから反応もありました。まぁ、興味本位で調べたことですがこういう反応をいただけるとは思っておりませんでした。最近は本の感想でも著者の方から反応があったりと、twitterを使用していてここまで反応があるのかと驚いております。

さて、前回は現在の上位構成銘柄10社の株価を調べました。その過程で、昨年同時期と比較して9社が入れ替わっていることがわかりました。この入れ替わって上位から消えた企業はその後どうなっているのか?気になったので調べてみました。

入れ替わったのは以下の9社です。

    共立メンテナンス(9616)
    エスアールジータカミヤ(2445)
    リロ・ホールディング(8876)
    トランコム(9058)
    ガリバーインターナショナル(7599)
    ワイヤレスゲート(9419)
    デンソー(6902)
    テンプホールディングス(2181)
    トラスコ中山(9830)

これらの株式の近2年と近1年の値動きを調べてみました。



スポンサードリンク

9銘柄近2年の値動き


hifumi_2y_9_1.png
hifumi_2y_9_2.png

デンソーはジリジリ上がっておりますが、それ以外は近2年でかなり上がっていることがわかります。急騰した後下がっていのはワイヤレスゲートです。これを近1年で短縮するとどうなるのでしょうか?

9銘柄近1年の値動き


hifumi_1y_9_1.png
hifumi_1y_9_2.png

近1年でも9社中7社は上がっているんですよね。ただ、上位から上がっている企業が消えたのも、8月の調整で比率を下げたり、売却した可能性が高そうです。

TOPIXやJPX400あたりでは買えない企業も含まれているのが、ひふみ投信の魅力だと思いますし、大きな企業はバランスファンドの国内株式分で買えますので、分散の意味で購入しております。

それに上位10社だけを見るだけでも、こういう企業がいいんだとか色々と好調な業種を知れたり、勉強になる面もあります。引き続き機会があれば、こういう形で調べたことを記事にまとめようと思います。
関連記事
関連するタグ:ひふみ投信 ひふみプラス レオス・キャピタルワークス

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR